Edited at

Python開発環境構築のための自分用メモ

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

pythonの各バージョンや依存パッケージごとに仮想環境を作る方法.

調べれば見つかるが,毎回調べているので自分用にメモします.

なおmac osxを前提としています.


インストール


pipのインストール

wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py

sudo python ./get-pip.py


pyenvのインストール

brew install pyenv pyenv-virtualenv

.bashrcや.zshrcといったシェル設定ファイルに以下を追記する.

eval "$(pyenv init -)"

eval "$(pyenv virtualenv-init -)"


環境構築


インストール済みのバージョンの確認

pyenv versions

* system


インストールできるバージョンを確認

pyenv install --list


バージョンをインストール

pyenv install 3.7.0

pyenv versions


コンテナを構築

(便宜上,コンテナと呼びますが正しいかどうかは不明)

# pyenv virtualenv バージョン 任意の名前

pyenv virtualenv 3.7.0 my_service1


コンテナに入る


pyenv activate my_service1


python --version
3.7.0


コンテナから出る


python deactivate


依存ライブラリの保存と展開


保存

いろいろインストール

pip install boto3

依存ライブラリを保存

pip freeze > requirements.txt


展開

pip install -r requirements.txt


つまり


初回の開発環境構築


  1. コンテナを作って入る.

  2. 依存ライブラリのインストール

  3. requirements.txtに依存ライブラリを保存

  4. requirements.txtをgitでバージョン管理


2回目以降の環境構築


  1. コンテナを作って入る

  2. requiremets.txtから環境を構築 (pip install -r requirements.txt)