Help us understand the problem. What is going on with this article?

iOS13から追加されるContext Menusについて

WWDC19で発表されたContext Menusという新しいUIについて紹介します。
なお、下記の情報は19.6.24時点のbeta2時点のものであり、iOS13正式リリースまでに変更の可能性があります。

Context Menusとは?

iOS13~登場する3D Touch、ロングプレスなどのジェスチャーで表示できるメニューのことです。
今まで3D Touchで表示できたPeek and Popのメニューと似ていますが、大きく2つの違いがあります。

Peek and Popとの2つの違い

  1. iOS13~対応の端末であれば3D Touchに対応していない端末でも利用できる。Peek and Popは3D Touchのサポートが必要
  2. コンテキストに関連するメニューがすぐ表示される(上の画像参照)Peek and Popはスワイプアップが必要

メニューをネストできる

例えば上の画像のように写真をロングプレスしたメニューの場合、下記のように、最初の表示はシェアと編集と削除ボタンだけを出しておいて、編集ボタンを押したときにコピー・複製のサブメニューを表示する。などといったことができます

image.png

ジェスチャに対する一貫した動作が担保される

下記のジェスチャで一貫してメニューが表示されます

  • 3D Touch
  • Haptic Touch
  • Long press
  • Secondary click

実装について

GitHubにデモアプリのソースをUPしたので、Xcode11(beta2~)でビルドして挙動を確認してみてください。
https://github.com/hirothings/Context-Menus-Demo

実装方法については大きく、UIViewにインタラクションを追加した場合と、TableView・CollectionViewのDelegateを使う2パターンがあります。

TableView・CollectionViewのDelegateを使うパターン

iOS13~利用できる新しいDelegateメソッドを1つ呼ぶだけで実装できます。

CollectionViewの場合、
collectionView(_:contextMenuConfigurationForItemAt:point:)

extension CollectionViewController: UICollectionViewDataSource, UICollectionViewDelegate {

// <中略>

func collectionView(_ collectionView: UICollectionView, contextMenuConfigurationForItemAt
    indexPath: IndexPath, point: CGPoint) -> UIContextMenuConfiguration? {

    // ①プレビューの定義
    let previewProvider: () -> PreviewViewController? = { [unowned self] in
        return PreviewViewController(image: self.images[indexPath.row])
    }

    // ②メニューの定義
    let actionProvider: ([UIMenuElement]) -> UIMenu? = { _ in
        let share = UIAction(__title: "Share", image: UIImage(systemName: "square.and.arrow.up")) { _ in
            // some action
        }
        let editMenu: UIMenu = {
            let copy = UIAction(__title: "Copy", image: nil) { _ in
                // some action
            }
            let delete = UIAction(__title: "Delete", image: UIImage(systemName: "trash"), options: [.destructive]) { _ in
                // some action
            }
            return UIMenu(__title: "Edit..", image: nil, identifier: nil, children: [copy, delete])
        }()

        return UIMenu(__title: "Edit..", image: nil, identifier: nil, children: [share, editMenu])
    }

    return UIContextMenuConfiguration(identifier: nil,
                                      previewProvider: previewProvider,
                                      actionProvider: actionProvider)
}

// <中略>
}

補足

①プレビューの定義
UIContextMenuContentPreviewProvider (実態はクロージャのtypealias)を指定。
プレビュー表示用に準備したViewControllerを返している
ちなみにプレビュー用のViewControllerにボタンを置いて反応するか試したが、ボタンのアクションは制御されていた

②メニューの定義
UIContextMenuActionProvider (実態はクロージャのtypealias)を指定。
UIMenuをネストして返している

UIViewにインタラクションを追加するパターン

1.UIViewに addInteraction

imageView.isUserInteractionEnabled = true
let interaction = UIContextMenuInteraction(delegate: self)
imageView.addInteraction(interaction)

2.UIContextMenuInteractionDelegate に準拠し、Delegateメソッド内でContextMenuの設定をする

extension SampleViewController: UIContextMenuInteractionDelegate {
  func contextMenuInteraction(_ interaction: UIContextMenuInteraction, configurationForMenuAtLocation location: CGPoint) -> UIContextMenuConfiguration? {
    // 先述のCollectionViewのDelegate内の実装と一緒
  }
}

Human Interface Guidelines抜粋

Human Interface Guidelinesを読むと下記のようなことが書いてありました。

  • 一貫してコンテキストメニューを採用すること
  • もっとも一般的に使用されるコマンドだけメニューに含めること
  • サブメニューを活用してメニューの複雑さを管理すること
  • サブメニューの階層は1レベルにすること

詳しくは、Context MenusのHIGを読んでください

参考URL

official video [Modernizing Your UI for iOS 13]
https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2019/224/

Human Interface Guidelines
https://developer.apple.com/design/human-interface-guidelines/ios/controls/context-menus/

実装してみたデモアプリ
https://github.com/hirothings/Context-Menus-Demo

hirothings
元ラーメン屋店長プログラマー🍜 Swift / iOS Developer
https://twitter.com/hirothings
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした