crontabの扱い方

More than 1 year has passed since last update.


crontab -eに記載する

$ crontab -e

# crontabの環境変数を調べる

* * * * * env >/tmp/cron_env

これで /tmp/cron_envファイルにcrontabの初期環境が出力される

HOME=/home/ubuntu

LOGNAME=ubuntu

PATH=/usr/bin:/bin

LANG=en_US.UTF-8

SHELL=/bin/sh

PWD=/home/ubuntu

この際にわかるが、PATHがpythonなどに通ってないので

PATHを通してあげないと動かないので

$ crontab -e

# python3パス

PATH=/usr/bin/python3:/usr/bin:/bin

ーーーー

また実行ファイル内で、別のパスを通している場合などはここにも記載しておく

$ crontab -e

# djangoのパス

DJANGO_QIITA_ANALYZER=/vagrant/django-qiita-analyzer/mps_apis

ーーーー

最後に、実行ファイルの設定をする

その際、ログを出力する先も設定しておいて、エラーなど出力させる

$ crontab -e

# 毎日9時00分に実行(日本時間が-9時間なので)

0 0 * * * python3 /vagrant/qiita-analyzer/qiita-analyzer/article_collection.py >/vagrant/qiita-analyzer/qiita-analyzer/cron_log/logfile 2>&1

これで、ubuntu上でもcrontabが使える