C
VSCode
WSL

Windows10でVScodeとWSL(Ubuntu)を使ったC言語学習環境を整える。

こんにちは、ひろにぃです。今回は大学でC言語を学習してる友達のパソコンにタイトル通りの学習環境を構築したのでそれをここにメモします。

目次

  • vscodeのインストール
  • wslの有効
  • ubuntu.exeのインストール
  • vscodeの設定
  • テストプログラムの実行

vscodeのインストール

下記URLよりインストーラーをダウンロードし、インストール。
https://code.visualstudio.com/

wslの有効

コントロールパネル→プログラム→プログラムと機能へ移動し下記の画像が示す「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックする。

hoge.PNG

Windows Subsystem for Linux を探し出しチェックを入れ保存します。

hogeh.PNG

すると再起動を求められるので再起動をしましょう。

ubuntu.exeのインストール

Microsoftストアでubuntuを検索しインストールしてください。
インストールが終わったらubuntuを起動しユーザーネームとパスワードの設定を済ませておいてください。

vscode の設定

vscodeを起動し「ファイル→基本設定→設定」をクリックし以下のコードを追記します。

"terminal.integrated.shell.windows": 
"C:\\Users\\hirony\\AppData\\Local\\Microsoft\\WindowsApps\\ubuntu.exe",

改行してますがこれを1行で追記してください。
これを追記することで統合ターミナルを開いたときにUbuntu.exeが起動します。

テストプログラムの実行

vscodeのメニューバーにある「表示→統合ターミナル」をクリックしターミナルを起動します。
その後、Windowsから確認できるディレクトリへ以下のコマンドで移動します。

cd /mnt/c/Users/$USER
$USERは各々が登録したWindowsのユーザー名です。

デスクトップに作業ディレクトリを作成し移動します。

mkdir Desktop/work
cd Desktop/work

プログラムファイル「main.c」を作成します。

code main.c

この code コマンドはvscodeを起動するコマンドです。引数にファイル名を指定するとそのファイルを一緒に開きます。また、そのファイルが存在しない場合は新規作成します。

開いたファイルに以下のテストコードを記述します。

#include <stdio.h>
int main(){
  printf("Hello C World\n");
  return 0;
}

その後、ターミナルでコンパイルしプログラムを実行します。

gcc -o hello main.c
./hello

> Hello C World

これで終了です。お疲れさまでした。