Edited at

HTML5 CONFERENCE 2016メモ

More than 1 year has passed since last update.


HTML5 Conference 2016 メモ


W3C 中村さん

HDRはPixelごとに輝度を変えられる。Webも対応していく必要がある。

Buzz Word(Big Data, IoT, AI)でもWebが中心

Webは世界にある分散OS

UNIXとWebの対比

TVも車のインパネもHTMLになろうとしている。

ePubがW3Cと一緒になろうとしている

縦書きもCSS Working groupで対応中

ブロックチェーンは分散システムにおけるトラストが肝

WebとIoTとの連携にServientがある


Increments 及川さん

アプリケーションとしてのWeb

API, Web Components, Progress Appsでネイティブに追いつこうとする動き

空間サウンドもWebで

WebAssembly: C++をブラウザで動かす

モバイルデバイスの普及はモバイルWebの否定 => AMP

ネイティブにも見つけてもらえない等課題がある


Reactの最新動向とベスト・プラクティス by 小林さん


概要

利用事例として、Instagram、Netflix、 Twitter(mobile)、 AbemaTV、 Hyperterm(Electron製ターミナル)、Jenkinsの新しいコンポーネント

Learn once, Write anywhere

宣言的。jQueryは命令的


ベスト・プラクティス

Stateless Functional Componentsが第一選択肢。インスタンスを持たないただの関数。

Stateには表示に必要なデータのみ

15.3からPureComponent導入。propsとstateの浅い比較でパフォーマンス向上。

Arrow関数だと毎回生成されるので、react-addons-perfで計測が大事。

createClassはゆるやかに非推奨。

High Order Components. recomponentsというutility集がある。

Function as Child Componentsだとラップが不要だが、最適化が難しい

アプリケーションの状態はなるべく一箇所に

最近だとReduxがよく使われる。

Container ComponentとPresentational Component

Reactのテストには3つの選択肢がある

ShallowRenderでComponent単体のテストが可能。AirBnBのenzymeを使うと便利。

react-test-rendererが最近入った。

eslint pluginでbest practiceに沿っているか確認できる。

React Story Bookのデモ

Redux Dev Toolsのデモ。jsonとしてエクスポートできる


現実世界

Facebook "We only open source what we use"

OSS


今後

Coreは小さくなっていく

ReactFiberは内部アルゴリズムの置き換え