Lubuntu
statistics
仮想環境
deb
Cabocha

だいたい15分でCaboChaマシン(2015年6月版)

More than 3 years have passed since last update.

CaboChaつかってみたいけど、開発環境いじりたくないねん、、、

そんな時は仮想環境です、debパッケージのお手軽作成方法もあるよ。


用意するもの


  • Oracle VM VirtualBox 上によしなにインストールされたLubuntu15.04


Let's go

実行するユーザーの状態に応じて、sudoなりを付加してください。

まずはupdate、必要なパッケージをもろもろインストール。

# at first, update and upgrade

apt-get update && sudo apt-get upgrade

# compiler
apt-get install build-essential

# for make .deb package
apt-get install devscripts dh-make autotools-dev

# font install
apt-get install fonts-migmix

解析したいデータの置き場を確保。

シェアするディレクトリ名はrisにしました。

mkdir /ris

# to /etc/rc.local
mount -t vboxsf share /mountpoint

MeCabuのインストール。

パッケージを利用します。

# setup mecab

apt-get install mecab mecab-ipadic-utf8
apt-get install libmecab-dev

CaboChaに必要なCRF++をインストール。

ちょっと手間ですが、パッケージ化します。

# install CRF++

cd CRF++_source_dir
dh_make -n -s -e thi@lulu
fakeroot debian/rules clean
cd ../
# install package
dpkg -i crf++

CaboChaのインストール。

これもパッケージ化します。

コンパイルオプションを変えて再インストールしたい時などがあるので、パッケージインストールをおすすめ。

# install CaboCha

cd CaboCha_source_dir
dh_make -n -s -e thi@lulu

コンパイルオプションを設定。

# add to debian/rules

override_dh_auto_configure:
dh_auto_configure -- \
--with-charset=utf8 --enable-utf8-only

debuild -uc -us -b

fakeroot debian/rules clean
cd ../
# install package
dpkg -i

以上。

Python3でPythonバインディングなどを利用したい場合のセットアップ方法などは、たくさん情報があるので検索してみてください。

// よき係り受け解析を!