1. hiro_koba_jp

    Posted

    hiro_koba_jp
Changes in title
+Facebook広告のレポートをBigQueryに自動で保存し、Data Studioで可視化する
Changes in tags
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -0,0 +1,73 @@
+## 概要
+広告レポートの分析って、面倒ですよね・・・。
+何が面倒かって、複数の媒体を使っている場合、それぞれの管理画面からデータを取ってきて、一元化するまでが一苦労です。
+そもそも媒体数分の管理画面へのログインが発生しますし、それぞれの値の単位を揃えてあげる必要等もあります。
+今回は、troccoという分析基盤向けデータ統合サービスを使い、レポート取得の自動化+DWHへの統合+可視化までやってみようと思います。
+(troccoはFacebook広告以外にも、Yahoo!スポンサードサーチ、Google広告、Twitter広告、LINE Ads Platformに対応)
+![trocco概念図(広告可視化).png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/a10357c8-b605-0f7e-2158-a8cea7f87fdb.png)
+
+## ゴール
+↓こんなのを15分くらいで作り上げます(当然、作ったあとは自動で最新値が更新されるようにします)
+<img width="1791" alt="qiita_20191210_1.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/5dcb8951-01c6-e983-c401-2c6004ec013d.png">
+
+## こんなお悩みを抱えている人におすすめ
+* 広告出稿を、複数媒体で行っている方
+* 様々な広告媒体レポートを、統合管理したい方
+* 広告管理画面のスクレイピングや、データ取得作業に疲れている方・・・
+
+## 1. troccoでFacebook Ads→BigQueryの転送自動化
+
+### 1-1. 転送元・転送先を決定
+[トップページ](https://trocco.io/)より、転送元にFacebook Ads Insightsを、転送先にBigQueryを選択し、転送設定作成ボタンを押します
+<img width="1792" alt="qiita_20191210_2.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/fc541a20-21b6-36bc-11e1-3dff40db88e7.png">
+
+すると、以下のような画面になるかと思いますが、これが設定画面です。
+わからないことは右下のチャットで、直接聞いたりSlackのサポートから問い合わせることが出来ます。
+<img width="1792" alt="qiita_20191210_3.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/ad78df00-4c8e-aee6-f1a6-eee88ed3547d.png">
+
+### 1-2. Facebookとの連携設定
+転送設定の名前とメモを適当に入力したら、「転送元の設定」内の「接続情報を追加」ボタンを押します。
+<img width="1110" alt="qiita_20191210_4.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/f140d676-68f6-b129-1bcb-1b49d6454c0b.png">
+
+別タブで接続情報の新規作成画面が開きますので、「Facebookアカウントを連携する」ボタンを押します。
+<img width="1792" alt="qiita_20191210_5.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/d11faf10-ecf8-fdad-75fb-e5360939a698.png">
+
+Facebookログイン画面が出てきますので、内容を確認の上、進みます。
+<img width="1792" alt="qiita_20191210_6.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/5c9838a1-2220-0c0e-624b-44407e90879d.png">
+
+再度転送設定画面に戻り、PostgreSQL接続情報の「再読込」ボタンを押すと、作成した接続情報が選択できるかと思います。
+<img width="1107" alt="qiita_20191210_7.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/75624807-d20e-6b6d-4393-6738f7d6cda1.png">
+
+### 1-3. Facebook Adsからのデータ抽出設定
+これでFacebookとの連携は完了です。次に、どのようなデータを取得するか設定していきましょう。
+ここでは試しにキャンペーンの日次レポートを抽出してみます。フィールドも適当なものを。
+取得期間というのは、転送時にどのデータを取得するかを設定しています。ここでは、1日前の日付を指定して、レポート取得を行うようにしましょう。
+<img width="808" alt="qiita_20191210_8.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/b9653568-119d-5503-f60f-ab25d53570f6.png">
+
+### 1-4. 転送先BigQueryの設定
+転送元と同じ要領で設定していきます。
+データセットとテーブルはお好きな名前を入力してください。自動生成オプションを有効にすれば、データセット・テーブルが自動作成されます。
+<img width="1095" alt="qiita_20191210_9.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/38725d39-5f8b-0858-7a99-9b35435e5136.png">
+
+これで入力は完了です。「保存して自動データ設定・プレビューへ」をクリックし、確認作業に進みましょう。
+
+### 1-5. データのプレビュー
+転送元のデータがプレビューされます。ここでは1日前のキャンペーンデータが表示されています。
+問題ないので、このまま「スケジュール・通知設定」に進みます。
+<img width="1792" alt="qiita_20191210_10.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/10a04597-5b15-65b3-666c-c23a9578ad62.png">
+
+### 1-6. スケジュール・通知設定
+以下のように実行スケジュールを設定することで、転送を自動化することが出来ます。
+<img width="1792" alt="qiita_20191210_11.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/91583f15-1e50-0189-9926-e03c67f9bf1f.png">
+
+### 1-7. データ転送ジョブの実行
+設定は以上です。最後に、手動で転送ジョブを実行し、BigQueryにデータを送ってみましょう。
+実行はジョブ詳細画面の「実行」ボタンを押すだけです。
+<img width="1792" alt="qiita_20191210_12.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/70a8df70-ec0f-f411-6ef7-1646e3ae2708.png">
+
+## 2. BigQueryの設定
+特に設定することありません。データが溜まっているので、今すぐに分析・可視化を行うことが出来ます。
+念の為データをプレビューして確認してみます。
+<img width="1792" alt="qiita_20191210_13.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61228/4e446519-606c-1d5a-239d-a8be0bf81d42.png">
+
+## 3. Google Data Portal(旧Data Studio)で可視化