1. hirapot

    No comment

    hirapot
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,35 +1,59 @@
#概要
+
使える!と思ったこと、うっかり忘れていたことを書こうと思います。
普段割とHoudiniに触ってますので、使ってる人の知らないとこをつければ本望です。また、まだ触り始めた方の知識になれば幸いです。
(ただ、他の人の確認してい無いで、被ってるかもしれ無いないない)
+
##うっかり忘れていたこと
+
###・velocityがビューポート上で確認できること
あれ?ベロシティが見たい!!どーしよーとノーマルにでも入れたらいいのかな、、と思っていたあなた!向けです。
-そうです、アトリビュートのvはNと同様このボタンを押せば、簡単に確認できるのです。
-うっかり忘れてしまますよね?
+そうです、アトリビュートの **v** は **N** と同様このボタンを押せば、簡単に確認できるのです。
+うっかり忘れてしまますよね?
+↓↓↓↓これです!↓↓↓↓
+<img width="134" alt="スクリーンショット 2019-12-04 12.31.15.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/540879/6f430a56-1df9-76ab-f7fa-3cfb33d6c49b.png">
+
+
###・trail sopでベロシティが計算できること
なんか、そういえば誰かのファイル見たときにそんなことしていた気がするけれど、、すっかり忘れてました。。。という人向けです。
-trail sopつなぐと動いているもののベロシティを簡単に計算できてしまうのです
+trail sopつなぐと動いているもののベロシティを簡単に計算できてしまうのです
+1. 適当にアニメーションをつけて、
+<img width="482" alt="スクリーンショット 2019-12-04 12.51.57.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/540879/97fa422b-4eae-d2ee-e1b5-fb539572274d.png">
+2. **Trail Sop** をつなぎ、**Result Type** を **Compute Velocity** にします。
+ これだけで、**v** アトリビュートが追加されます。
+<img width="482" alt="スクリーンショット 2019-12-04 12.53.59.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/540879/331de6d6-b08b-bf31-238f-9acc5b22e3e0.png">
+3. ついでに、**Velocity Approximation** を **Central Difference** に変更し、**ComputeAcceleration** と **Compute Angular Velocity** にチェックを入れると、加速度 **accel**(Acceleration Attributeでアトリビュート名設定可能)と角速度 **w** を追加できます。
+<img width="469" alt="スクリーンショット 2019-12-04 12.58.16.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/540879/e5de36e2-0f86-25be-98e0-436fe50924b7.png">
+
+
+
+
+###・EdgeTransportでカーブの距離を確認できること
+たまにこういうことしたい時ある、、、、けど、忘れてて出てこなかったノードです。
+足すだけで、distance attributeが追加されます。
+<img width="270" alt="スクリーンショット 2019-12-04 13.06.46.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/540879/90d4412d-92eb-b4ba-97c0-ace218fee57d.png">
+<img width="544" alt="スクリーンショット 2019-12-04 13.06.51.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/540879/05261e10-75d6-6305-f095-d36f4cb538f5.png">
-###・エッジトランスレート?で距離を確認できること
-たまにこういうことしたい時ある、けど忘れてる時に出てこなかったノードです。
##知らんかった、、そんなことできたなんて。使えるやん!ということ
はい、ここからはそんなことできたのね、、と思った集です。あくまで私の主観ですので、知っとるわ!という方はスルーしてくだい。。
###・trailsopでNormalの値を指定するとそれを軸にベロシティが計算されること
裏技!的!!あれ、これ今までクロス使ってvexでこそこそ計算していたのが、こんな簡単に!?と思いました。
###・vdbが一枚の平面でも実は厚みを持っていること
え!?ホントに!?polyextrudeしなくても、vdbreshapeしたらコリジョン作れちゃうじゃん!という衝撃でした。
###・ボロノイでデフォームできること
なにこれ!?使える!!あまり元の形を変えたくない。。でもグニャグニャさせたいの!って時に良いかと
やり方
###・ボロノイノイズでseed割り当ててボロノイクラスター作れること
これも裏技的ですよね。シード値なんて今までランダム変えるときくらいしかいじったことがなかった。。
###・動いてるもののいろんなものを勝手に計算してくれるのーど extracttransform
「あれ、動いてるものをもう一度再計算してくれる!RBDなら、別のDCCツールで作っても、この情報があればVertexAnimationTexture作れるやん」と思ったノードです。教えてくれた人、ありがとう
+
+使える!と思ったこととうっかり忘れていたことで機能的にかぶってるところもありますが、直感的で使いやすいと思ったのを使える!と思ったことに分類している感じです。
+
+みなさまのお役に立てればー