Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu14.04のVM作ったらとりあえずやること

More than 5 years have passed since last update.

この記事について

対象読者

  • Ubuntu の VM を建てたり捨てたりする人

手に入るもの

  • パッケージリポジトリが国内ミラーに向いた日本語 Ubuntu 環境
  • コピペで使える Ubuntu trusty64 の Vagrantfile

実践

コピペでそのまま使えるように記載。

# デフォルトエディタをvimに変更
sudo update-alternatives --set editor $(update-alternatives --list editor | grep 'vim.basic')

# パッケージリポジトリを日本ミラーサーバーに変更
sudo sed -i'~' -E "s@http://(..\.)?(archive|security)\.ubuntu\.com/ubuntu@http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu@g" /etc/apt/sources.list

# よく使うパッケージをインストール
sudo apt-get -y update
sudo apt-get -y install software-properties-common
sudo add-apt-repository -y ppa:git-core/ppa
sudo apt-get -y update
sudo apt-get -y install language-pack-ja wget curl zip unzip git

# 言語系環境変数を日本語UTF-8に変更
sudo update-locale LANGUAGE=ja_JP.UTF-8 LC_ALL=ja_JP.UTF-8 LANG=ja_JP.UTF-8

# タイムゾーンをAsia/Tokyoに設定
sudo ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

以下蛇足(解説)

デフォルトエディタの変更

sudo update-alternatives --set editor $(update-alternatives --list editor | grep 'vim.basic')

update-alternatives で editor を vim に変更するワンライナーです。 --set <name> <path> で非対話的な設定変更ができます。
渡す path も update-alternatives によって管理されているものから取得しています。

対話的にやる場合は、 update-alternatives --config editor と実行して、表示された選択肢に従って任意のエディタの番号を入力します。

パッケージリポジトリのサーバー変更

sudo sed -i'~' -E "s@http://(..\.)?(archive|security)\.ubuntu\.com/ubuntu@http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu@g" /etc/apt/sources.list

標準状態では http://<国コード>.<archive または security>.ubuntu.com/ubuntu のようなURLになっていますので、その辺を正規表現でひっかけて JAIST に変更しています。
ついでに sed -i'~' でバックアップファイル sources.list~ を作成。

標準状態の URL は将来のバージョンでは変更される可能性もありますので、これは 14.04 trusty における例として見てください。

Official Archive Mirrors for Ubuntu でミラーリストが確認できます。日本国内の場合は JAIST か理研の二択のような状況で、2015年2月現在は JAIST が最も安定して高速です。

よく使うパッケージのインストール

sudo apt-get -y update
sudo apt-get -y install software-properties-common
sudo add-apt-repository -y ppa:git-core/ppa
sudo apt-get -y update
sudo apt-get -y install language-pack-ja wget curl zip unzip git

標準状態だと Git 1.9.x が入ったりするので、最新Stable版が取れる PPA をあらかじめ追加しています。このへんは目的にもよりますのでお好みで。

日本語環境の設定

sudo update-locale LANGUAGE=ja_JP.UTF-8 LC_ALL=ja_JP.UTF-8 LANG=ja_JP.UTF-8
sudo ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

ロケールについてはパッケージ language-pack-ja を入れた場合の話ですが、言語関係の環境変数を更新し、タイムゾーンを Asia/Tokyo に設定しています。

設定後はログインしなおすなり VM を再起動するなり必要になる場合があります。

おまけ

筆者は Vagrantfile に記述してこんな感じで使ってます

Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

$ubuntu_setup = <<EOS
sudo update-alternatives --set editor $(update-alternatives --list editor | grep 'vim.basic')
sudo sed -i'~' -E "s@http://(..\.)?(archive|security)\.ubuntu\.com/ubuntu@http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu@g" /etc/apt/sources.list
sudo apt-get -y update
sudo apt-get -y install software-properties-common
sudo add-apt-repository -y ppa:git-core/ppa
sudo apt-get -y update
sudo apt-get -y install language-pack-ja wget curl zip unzip git
sudo update-locale LANGUAGE=ja_JP.UTF-8 LC_ALL=ja_JP.UTF-8 LANG=ja_JP.UTF-8
sudo ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
EOS

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
    # お好みで
    vb.name = "sandbox"
    vb.memory = 2048
    vb.cpus = 2
  end
  config.vm.provision "shell", inline: $ubuntu_setup
end

以上です。

hidekuro
雑食。私がQiitaで公開する独自コードは、特に記載がない限り CC0 https://creativecommons.org/publicdomain/zero/1.0/deed.ja とします。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away