fedora
RaspberryPi

MacでRaspberry PiにOSを入れるまでのやることリスト

More than 5 years have passed since last update.

いっつも忘れて調べてるのでコピペできる資料としてメモ。

Raspberry PiとSDカードは必須。


OSのRaw Imagesをとってくる

今だとNOOBSがいいらしいけど、なんとなくPidora。

http://www.raspberrypi.org/downloads から好きなのを選ぶ。

curl -L -o pidora.zip http://downloads.raspberrypi.org/pidora_latest

unzip pidora.zip

md5ついてくるので付きあわせておく。


SDカードをMacに接続

df

どこにマウントされてるかを確認する。

Filesystem      Size   Used  Avail Capacity  iused    ifree %iused  Mounted on

/dev/disk0s2 233Gi 152Gi 81Gi 66% 39876926 21192514 65% /
devfs 194Ki 194Ki 0Bi 100% 672 0 100% /dev
map -hosts 0Bi 0Bi 0Bi 100% 0 0 100% /net
map auto_home 0Bi 0Bi 0Bi 100% 0 0 100% /home
/dev/disk2s1 15Gi 2.1Mi 15Gi 1% 0 0 100% /Volumes/UNTITLED

今回は/dev/disk2s1。

他にも/dev/disk2s2とか/dev/disk1s1とか、状況で変わる。


SDカードにimgを書き込む

一度SDカードをunmountした後、ddコマンドで書き込む。

sudo入れないとパーミッションで怒られる。

unmountは/dev/disk2s1でいいんだけど、ddで書き込むときはdisk2s1の先頭にrをつけて、s1を削る。

diskutil unmount /dev/disk2s1

sudo dd bs=1m if=pidora-18-r2c.img of=/dev/rdisk2


headlessモード

IP設定はDHCPでも良い。rootfsのリサイズはしてほしい。

ddで書き込んだあとは「boot」という名前になってるみたいなので、/Volumes/boot以下にheadlessというファイルを作成し、以下のように設定を書き込む。

cat << EOT > /Volumes/boot/headless

RESIZE
SWAP=512
EOT

ちなみにheadlessファイルは/usr/bin/headonで読まれてるみたいです。


http://zenit.senecac.on.ca/wiki/index.php/Pidora-Headless-Mode



MacからSDカードを抜いてRaspberry PiへInsert

diskutil unmount /dev/disk2s1

お疲れ様でした!

ちなみにpidoraの場合はUSER/PASSWD=root/raspberrypiで入れますよ。

http://zenit.senecac.on.ca/wiki/index.php/Pidora_18_Firstboot#Root_User

pidoraにログインして中身チェック。

[root@raspi ~]# cat /etc/pidora-release

Pidora 18 (Raspberry Pi Fedora Remix)

[root@raspi ~]# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
rootfs 15G 1.5G 13G 11% /
/dev/root 15G 1.5G 13G 11% /
devtmpfs 219M 0 219M 0% /dev
tmpfs 219M 0 219M 0% /dev/shm
tmpfs 219M 868K 218M 1% /run
tmpfs 219M 0 219M 0% /sys/fs/cgroup
tmpfs 219M 4.0K 219M 1% /tmp


swap領域が作られていない

なんか/usr/bin/headonの中身見るとswapの変数が間違ってる…気がする…。

多分こうだと思うんですよね(間違ってたらゴメンナサイ)。

- echo $swap | grep -o '[0-9]*' > /.swap

+ echo $swap_size | grep -o '[0-9]*' > /.swap


諦めてswap領域を作る

dd if=/dev/zero of=/swap bs=1M count=1024

mkswap /swap
swapon /swap
echo ' /swap swap swap defaults 0 0' >> /etc/fstab

ちなみに/etc/fstabを覗くと、LABEL="swap"とか入れちゃったりしたくなるけど、それやると動かなくなるので注意。

cat /proc/swapsで確認。

Filename                Type        Size    Used    Priority

/swap file 255996 0 -1

今度こそお疲れ様でした!


参考