Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

NewRelicにAWSメトリクスを表示する

More than 3 years have passed since last update.

目的

NewRelicでAWSのRDS、ElasticCache、LoadBalancerのメトリクスを見れるようにする
EC2はnewrelic-sysmondをインストールすれば、サーバー一覧で管理できるが、RDS、ElasticCache、LoadBalancerはその方法ではいけない

参考資料
https://www.rco.recruit.co.jp/career/engineer/blog/4/

作業詳細

IAMグループ、ポリーシ、ユーザー追加

参考資料はこちら

最終設定はこんな感じ
* IAMグループ: NewRelicCloudWatch
* ポリーシ: NewRelicCloudWatch
* ユーザー: NewRelicCloudWatch

NewRelicCloudWatchユーザーのアクセス情報をメモしておく、後で設定時に利用する

アクセスキー ID: **********
シークレットアクセスキー: **********

EC2 Instance追加

  • VPC: *******
  • サブネット: *******
  • 自動割り当てパブリック IP: 有効
    • これを有効にしないと、public dnsとpublic ipが自動割り振らないので、外へ接続できない
  • 名前: newrelic_cloudwatch
  • セキュリグループ: *******
  • キーペア: *******

ec2-userのほかに、newrelicユーザーを追加して作業する

EC2を追加時のキーペアでec2-userとしてsshログインする
newrelicユーザを追加する

newrelic_aws_cloudwatch_pluginをinstall

  1. newrelic_aws_cloudwatch_pluginをinstall
$ wget https://github.com/newrelic-platform/newrelic_aws_cloudwatch_plugin/archive/latest.tar.gz
$ tar zxvf latest.tar.gz
$ cd newrelic_aws_cloudwatch_plugin-latest/
$ cp config/template_newrelic_plugin.yml config/newrelic_plugin.yml
  1. config/newrelic_plugin.ymlを編集して、こちらを従って、設定する
  2. 依存してる bundle、gitなどをinstall
$ gem install bundler
$ sudo yum install git
$ bundle install
ものもの足りないので、エラーをgoogleで検索して、以下のもの実行
$ sudo yum -y install ruby-devel
$ sudo yum install gcc
$ sudo yum install -y libxml2 libxml2-devel
$ sudo yum install libxslt-devel

起動、終了

bundle exec bin/daemon start
bundle exec bin/daemon stop

プロセス名: newrelic_aws

これでnewrelicのplugins画面でRDS、ElasticCache、LoadBalancerのメトリクスが見れるようになる

  • 適切な値でアラートも設定しておく
heroyct
medley
医療ヘルスケア分野の課題を解決する
https://www.medley.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away