Help us understand the problem. What is going on with this article?

Linux vimまとめ

More than 3 years have passed since last update.

コマンドモードと入力モード

  • コマンドモード→入力モード
    • i: カーソルの直前に挿入(insert)
    • I: カーソル行の最初に挿入
    • a: カーソルの直後に挿入(add)
    • A: カーソル行の最後に挿入
    • o: カーソルの下の行に挿入
    • O: カーソルの上の行に挿入
    • 入力モード→コマンドモード: ESC

選択

  • V: 行単位の選択をするビジュアルモードに入る
  • Ctrl-v: 矩形選択をするビジュアルモードに入る

移動

参考:入門】Vimで高速で移動~プラグインなしでの移動まとめ~
(ちょうど右手のホームポジション)

  • h: 左
  • j: 下
  • k: 上
  • l: 右
    (ページ移動)

  • Ctrl-b: PgUp(back)

  • Ctrl-f: PgDn(forward)

  • Ctrl-u: back 半画面

  • Ctrl-d: forward 半画面

  • { : back 段落毎に上へ

  • } : forward 段落毎に下へ

  • ^: 行頭(正規表現)

  • $: 行末(正規表現)
    (単語移動)

  • w: 単語の先頭に進む

  • b: 単語の先頭に戻る

  • e: 単語の末尾に進む

  • ge: 単語の末尾に戻る

(行指定)

  • Ctrl-g: 現在の行表示
  • gg: ファイルの先頭に移動
  • G: 最終行
  • 数字G: 指定行に移動

コピー、カット、ペースト

  • x: 文字削除(数指定)
  • dw: 単語削除(数指定)
  • dy: 単語コピー(数)
  • dd: 行削除(数指定)
  • yy: 行コピー(数指定)
  • p: カーソルの下に貼り付け
  • P: カーソル行に貼り付け)
  • s: カーソル位置の文字を修正、上書き(数指定)
  • J: カーソル行と次行を連結する

ペーストするときに自動的にインデントせずにペーストするには

:set paste

undo,redo

  • u: 直前の作業の取り消し
  • .: 直前の作業の繰り返し

検索、置換

  • :/文字列: 文字列の検索(/.はエスケープが必要)
  • n: 下方向への検索
  • N: 上方向への検索
  • :%s/文字列1/文字列2/g: ファイル内の文字列1を文字列2に置換(全箇所)
  • :10,20s/before/after/g: 10~20行目の全ての"before"を"after"に置換
  • :'<,'>s/before/after/g: ビジュアルモードで選択中の範囲の全ての"before"を"after"に置換

設定

  • .swpファイルを生成しない。 :set noswapfile
  • .swpファイルを生成する。 :set swapfile
  • 行番号を表示 :set number
  • 行番号を表示しない :set nonumber

ファイル操作

  • :e ../toedit.txt: 指定したパスのファイルを開く
  • :e. エクスプローラーを開く
  • :w!: 保存
  • :q!: 終了
  • :wq!: 保存して終了
  • :w ファイル名: ファイル名として保存
  • :w !sudo tee % 権限がない場合の保存
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away