Edited at

KPT会について


ふりかえりエンジニアマン爆誕

business_kigyousenshi_all.png


リーダーや外からみるとうまくいっている開発・運営

チームメンバー(個々人)の感じ方はそれぞれ


  • 不安・不満な点がある

  • 改善したいことがある

理想は個々人が常に振り返りの習慣を持ち、改善できることをアウトプットし続けること

しかしながら、個人でこの活動を行うには限界がある。


限界となる要因


  • 個人が振り返りをしていない

  • 業務が忙しく改善まで手が届かない

  • 技術力が足りない

  • そもそもどこから手を付けていいのかわからない

この点を補うにはチームメンバーの力が必要となる。


KPT法

ふりかえりを行う手法のフレームワークの1つ。

以下の3つの点について話し合う。


  • Keep(継続すべきこと、うれしかったこと)

  • Problem(改善したいこと)

  • Try(取り組むべきこと)


KPT会を行うタイミング

大きな業務がひと段落したタイミング理想です。


具体的な方法・進行方法

オーソドックスな方法を紹介します。


用意するもの


  • 付箋

  • ペン

  • ホワイトボード

  • 会議室(1時間~1時間半確保しましょう)

  • 進行係(司会をします)

  • 書記(付箋にかかれたものを頑張って社内wikiなどに記録します)

kpt_1.png


1. ホワイトボードを上図のように分け、KPTそれぞれの欄をつくります。


2. 5分ほど時間を設け、メンバーそれぞれが付箋にKとPについて簡潔に書きます。このとき、周りの意見を見たり聞いたりせずに自分の意見を書きましょう。


例)K.デバッグ手法を変えた影響で、開発時間が伸びた

  K.〇〇〇さんがカルピスをくれたのがうれしかった

  P.手の空いてる時間が発生した

  P.業務のとりかかりが遅くなった



3. その後、メンバー1人1人が付箋を貼りながら書いたことを簡潔に説明します。


例)進行係「hogeさん、お願いします」

  hogeさん「自分はKについてこちらの2点を書きました(付箋をはりながら)。

       これについては~~(略)~~。

       そしてPについてはこちらの1点を書きました(付箋をはりながら)。

       この経緯についてですが~~(略)~~。」

  進行係「ありがとうございました。続いてhugaさんお願いします。」


特にPについて述べるときには、メンバー以下のことに気を付けましょう。


  • なぜそれが起こったかの経緯をはなす

  • 改善策はまだ話さない(これはTのターン)

  • 人の悪口は言わない

あくまで、起こったことを簡潔に淡々と話しましょう。


4. Tについて考える

Pでとりあげられた問題について、メンバー全員で改善策を考えます。

このとき、Tryとしてあげる案は以下のことに気を付けます。


  • 具体的な案を考える(問題に対するアプローチ方法を考える)

  • エンジニア間で解決しないのであれは他部署に「ヒアリングをする」タスクをつくる

  • 必ず担当者を決める


5. ホワイトボードの写真を資料として撮影します

kpt_2.png


2回目以降のKPT会でやること

前回のKPT会で出たTryについて担当者から進捗などをヒアリングします。

タスクとして達成できていない場合は、再度タスク化したり達成できてない原因を探る必要があります。


まとめ

日々の業務に追われる中で、ふりかえりの習慣はなかなか身につかないものです。

まずはチーム全体でふりかえりを行うことで、自分が業務中にモチベとなっているものは何か、フラストレーションを感じている原因は何か、考えていく癖がついていきます。

個人の力では限界がありますが、チームメンバーの力を借りて、よりよい仕事をしましょう!