Posted at

systemd-nspawnを使ってSolus on Fedoraを構築

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

技術書典4にてわかめそばさんが出されていたsystemd-nspawnに関する同人誌を参考に(ほぼコピ)して、Solus上にFedoraコンテナを構築した時のメモです。


構成

ホストOS:Solus 3.9995

コンテナOS:Fedora release 27 (Twenty Seven)


手順


dnfのインストールとリポジトリの追加

# sudo epokg install dnf

# sudo mkdir -p /etc/yum.repos.d
# sudo vim /etc/yum/repos.d/fedora.repo


/etc/yum/repos.d/fedora.repo

[fedora]

name=fedora
baseurl=http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/releases/27/Server/x86_64/os/
enabled=1


コンテナの作成

# sudo mkdir /var/lib/machines/fedora

# sudo dnf groupinstall core --nogpgcheck --installroot=/var/lib/machines/fedora

ログインしてrootのパスワードを設定

# sudo systemd-nspawn -D /var/lib/machine/fedora

$ passwd

コンテナ側のネットワーク周りの設定

$ echo 'pts/0' >> /etc/securetty

$ echo 'fedora-container' > /etc/hostname
$ systemctl enable systemd-network systemd-resolved
$ ln -sf /run/systemd/resolve/resolv.conf /etc/resolv.conf
$ echo 'DNS=8.8.8.8' >> /etc/systemd/resolved.conf

ここまでで外と疎通ができるようになっていはずなので、後は必要に応じてコンテナ上に環境を構築していけば良いかと思います。


さいごに


ネットワークについて

2018/05/09時点ではSolusはsystemd-networkに対応していないため、ホストとコンテナでインタフェースを共有するような構成しかできません。