Vim

Vim patchダイジェスト [2018/02]

Vim patchダイジェスト [2018/02]
(8.0.14528.0.1553)

  • 8.0.1553: :four_leaf_clover:gaコマンドの結果にdigraph値を表示するようにしました。
  • 8.0.1551: 'maxmemtot'の値について、MacOSの場合は総メモリサイズからシステムメモリサイズを引いた値を使用し、他のシステムでは32ビットと64ビットの両方の結果を受け入れるようにしました。
  • runtimeファイル更新: :four_leaf_clover:セルビア語のspellファイルを追加しました。
  • 8.0.1546: terminalウィンドウでfeedkeys()を使うとキーマッピングがトリガーされてしまう事がある件を修正しました。
  • runtimeファイル更新: cssのsyntaxファイルの大幅な更新、他。
  • 8.0.1544: 'termguicolors'がonの時にSpellBad(:h hl-SpellBad)が表示されない件を修正しました。
  • 8.0.1543: 'termguicolors'がonの時にNormal(:h hl-Normal)の指定が正しく反映されない件を修正しました。
  • 8.0.1533: :four_leaf_clover:terminal(Libvterm)をt_RF(request foreground color)およびt_RB(request background color)に対応させました。
  • 8.0.1531: :four_leaf_clover:Windowsのコンソールで24bitカラーが使えるようにしました。
  • 8.0.1525: jobが実行されているterminalウィンドウがある場合でも:wqaが出来てしまう件を修正しました。
  • 8.0.1523: :four_leaf_clover:term_dumpwrite(), term_dumpread(), term_dumpdiff()およびassert_equalfile()を追加しました。これらの関数はsyntaxハイライトやポップアップメニュー等の画面表示が正しいかtestするために使います。(関連patch: 8.0.1526, 8.0.1527, 8.0.1529, 8.0.1530, 8.0.1542, 8.0.1545, 8.0.1548)
  • 8.0.1522: インサートモードの補完ポップアップメニューの表示位置と幅がおかしくなる場合がある件を修正しました。(関連patch: 8.0.1491)
  • 8.0.1521: :four_leaf_clover:terminalウィンドウでShift-Tabキーを認識するようになりました。
  • 8.0.1520: terminalウィンドウでWinBarを使用すると、カーソルが間違った行に移動してしまう件を修正しました。
  • 8.0.1519: getchangelist()の引数にbufname()の引数と同じものを使えるようにしました。
  • 8.0.1518: :silent! try後すべてのエラーメッセージが表示されなくなる件を修正しました。
  • 8.0.1516: jobオプション(:h job-options)のエラーメッセージをより具体的なものに変更しました。
  • patch 8.0.1515: :terminal ++hiddenした時にBufWinEnterイベントが発生してしまう件を修正しました。
  • 8.0.1514: :four_leaf_clover:getchangelist()を追加しました。指定バッファのchangeリストを返します。(:h changelist)
  • 8.0.1510: :four_leaf_clover:assert_beeps()を追加しました。コマンドがビープ音を発生させたかどうかをテスト出来ます。
  • 8.0.1508: :four_leaf_clover::dropをコンフィギュレーションに関係なく常に使えるようにしました。(関連patch: 8.0.1509)
  • 8.0.1504: Windows: コンソールでvim.exe起動時に画面がクリアされる(introが表示されない)件を修正しました。
  • 8.0.1497: :four_leaf_clover:getjumplist()を追加しました。指定ウィンドウのjumpリストを返します。(:h jumplist) (関連patch: 8.0.1498, 8.0.1513)
  • 8.0.1494: :four_leaf_clover:TextChangedPイベントを追加しました。インサートモードでpopupメニューに関連するキー操作をした場合にこのイベントが発生します。また、scriptファイルをsourceした時にTextChangedイベントが発生しないように修正しました。
  • 8.0.1493: :four_leaf_clover:'completefunc'および'omnifunc'が返す補完項目のエントリーにuser_dataを追加しました。このエントリーはCompleteDoneイベント発生時に参照可能なv:completed_itemに反映されます。(:h complete-functions, :h complete-items)
  • 8.0.1492: balloon_split()のメモリリークを修正しました。
  • 8.0.1491: :four_leaf_clover:'pumwidth'を追加しました。ポップアップメニューの最小幅を設定できます。(関連patch: 8.0.1495, 8.0.1522, 8.0.1538, 8.0.1539, 8.0.1540)
  • runtimeファイル更新:
  • 8.0.1489: :four_leaf_clover:getcwd(-1)でglobalディレクトリを返すようにしました。
  • 8.0.1488: Emacs形式のタグファイルが動作しなくなっていた件を修正しました。
  • 8.0.1485: ヘンテコリンなautocmdがarglistを再帰的に変更する件を修正しました。
  • 8.0.1483: searchpair()がタイムアウト時に無効な値を返すことがある件を修正しました。
  • 8.0.1482: feedkeys()を使ってインサートモードの補完のtestがおこなえないのを修正しました。
  • 8.0.1479: インサートモードの補完ステータスが(ソースコード的に)混乱しているのを修正しました。※実際の動作は変わっていないはず (関連patch: 8.0.1480, 8.0.1482)
  • 8.0.1477: terminalウィンドウ外にマウスカーソルを移動した時にカーソルがチラつくのを修正しました。
  • 8.0.1473: Windows: 32bitアプリケーションと64bitアプリケーション間のDrag&Dropが失敗する件を修正しました。(関連URI: vim-jp/issues/552)
  • 8.0.1471: Windows: CursorIMのハイライトが機能していなかった件を修正しました。
  • 8.0.1469: packageのパスがシンボリックリンクの時に'runtimepath'の最後に追加されてしまう件を修正しました。
  • 8.0.1464: :findでディレクトリを補完した時はスラッシュ('/')を追加するようにしました。
  • 8.0.1459: :four_leaf_clover:DirChangedイベントを追加しました。
  • 8.0.1457: :four_leaf_clover:runtime/scripts.vimがshebangでpikeとclojureを認識するようになりました。
  • 8.0.1455: $SHELLに空白が含まれていると'shell'がおかしな値になる件を修正しました。
  • 8.0.1454: サイレントモード(:h -s-ex)時に出力がバッファリングされる件を修正しました。

凡例

表記 意味
:four_leaf_clover: 新機能、大幅な仕様変更
'hoge' オプション (:h options参照)
:hoge Exコマンド (:h :index参照)
hoge() 組み込み関数 (:h functions参照)
v:hoge Vim定義済変数 (:h v:参照)
+hoge feature (:h +feature-list参照)

方針

こちらを参照。