Posted at
C++Day 24

iPhoneでC++プログラミング

『C++ Advent Calendar 2018』の24日目の記事です1

皆さんはC++好きですか?

C++をこよなく愛するC++erは、いつでもどんなときでもC++と戯れたいですよね。

でもC++プログラミングするには目の前にPCが要りますよね。それって不便じゃないですか?ベッドで寝転びながらでもC++と遊びたいですよね?

そこで今回私はiPhoneでC++プログラミングすることを提案します。やり方は至って簡単。C++コンパイラが入ってるPCにiPhoneからSSH接続して、プログラミングするだけ。

以下では実際に私がiPhoneでC++プログラミングを実現した方法を紹介しようと思います。


用意するもの

用意するものは以下の通り


  • C++コンパイラが入ってるPC

  • iPhone

  • iPhone対応キーボード(任意)

ちなみに私の環境は以下の通りです。


  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)


    • OSはmacOS Mojave



  • iPhone7

  • ロジクール K380 マルチデバイス Bluetooth® キーボード


iPhoneでC++コンパイラを使用できるようにする


PCにsshでログインできるようにする

まずはPCにsshでログインできるようにします。自分のPCはmacOS Mojaveなので、macOS Mojaveでの方法についてのみ書きます。他の場合にはついては各自で調べてください。

macOS MojaveのPCにsshログインできるようにするには、

「システム環境設定」 > 「共有」

で「リモートログイン」をオンにするだけ。

このコンピュータにリモートからログインするには、

“ssh username@xxx.xxx.xxx.xxx”と入力してください。

という感じのメッセージが表示されます。


iPhoneにSSHクライアントを入れる

次はiPhone側の準備です。App StoreからSSHクライアントをインストールします。今回私が選んだのは「Prompt 2」です。1,800円の有料アプリですが、評判が良いらしいでのこれに決めました。


実際にiPhoneでC++プログラミングをやってみる

Prompt 2でSSHログインして実際にプログラミングをやってみましょう。

エディタを起動して、こんな感じにコードを書きます。

そしてコンパイルして実行。iPhoneでC++プログラミングできました。


おわりに

C++erの皆様、iPhoneでも良きC++ライフを!





  1. 当初はC++からClickHouseを触ってみようとネタで投稿しようとしましたが、準備不足のため諦めました。