Help us understand the problem. What is going on with this article?

カスタム投稿タイプをWordPress REST APIで取得する

前回のWordPressのカスタム投稿タイプを作成する方法(ソースいじる編)でカスタム投稿タイプを作りました。
ここから管理画面でデータを登録して、WordPress REST APIを投げてみた所、取得できませんでした。
おそらくregister_post_type()のパラメーターでAPIで取得できたり出来なかったりするのでしょう。
見ていきましょう。

show_in_rest

これが最重要項目です。
デフォルトはfalse
これだとWordPress REST APIでデータを返さないみたいです。
これを設定して、
http://localhost:8000/wp-json/wp/v2/<$post_type>
にアクセスするとデータが返ってきます。

rest_base

この項目を設定するとURLを変えることが出来ます。
デフォルトは$post_typeなので
http://localhost:8000/wp-json/wp/v2/<$post_type>
ですが、rest_base => 'hoge'としてやると
http://localhost:8000/wp-json/wp/v2/hoge
で取得できます。

gungungggun
僕はゴリゴリのプログラマーになりたいわけじゃない。 働きたくない、めんどくさい、だからプログラム組んで楽しようって思っただけなんだ。 そしたら楽になるどころか、いつのまにか、つまんねぇ開発ばっかりさせられてたんだ。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした