ARM
Armbian
orangepi

OrangePi PC2を買って分かった利点と課題


OrangePiとは

Shenzhen Xunlong Softwareなる中国の会社が開発したコスパがとても高いことで有名?なシングルボードコンピュータ。

Linuxが動く小さいパソコンとして使ったり、GPIOにセンサーを繋いだりして組み込み寄りのこともできる。要は安価なラズパイのように使えるボード。

公式はラズパイ互換を謳っているがそんなことはないぞ。

今回私が購入したものは以下のモデル

http://www.orangepi.org/orangepipc2/


性能(OrangePi PC2)


  • SoC: Allwinner H5


    • CPU: CortexA-53(4コア、64bit)

    • GPU: Mali-450(6コア)



  • メモリ: 1GB

  • ストレージ: MicroSDカード、SPIフラッシュ(2MB)

  • ネットワーク:1000Mbps、無線なし

  • 価格: ケース、電源、送料込で3800円ほど

詳細

など


利点


  • 安いためたくさん買える。

  • 性能が結構高い。

  • OrangePiシリーズではWifiなどの機能がない廉価版の扱いで、価格が安い上技適問題もない。

  • ネットワークが1000Mbps対応なのでNASにできるかも。


    • ただNASにするならSATA付きのモデルがあった気がするのでそっちがいいかもしれない。



  • 斜めに置かれてるチップがかわいい。


欠点


  • H5の発熱がヒートシンク(30mm*30mm)付けててもヤヴァイ。


    • H5の周りにチョークコイル?(電子回路は詳しくないので違うかもしれない)などH5より高い部品が配置されており30mm*30mmより大きいと設置しづらいと思われる。

    • 正確な温度は計っておらず感覚なのであまり信用しないでください。



  • H5が完全にはサポートされていない。


  • 公式のダウンロードサイトが信用ならない。


    • 見てもらえば分かると思うが"SHA1:"とは書かれているのにハッシュ値が書かれていない。

    • 公式イメージのLinux Kernelが古すぎる。 Arch Desktop(Arch_Desktop_xfce4_PC2_V0_9_0)image.png

    • シンボリックリンクだらけの継ぎ接ぎでまともに操作が機能しない時もある。



  • OrangePiとセットで購入したAC電源のコイル鳴き?が少し気になる。


OSの問題への対策

OSはArmbianを使う。これはシングルボードコンピュータ向けにカスタマイズされたOSで、debianとubuntu(minimal,xfce desktop)がある。MicroSDカードにツールで書き込むだけで使用できるが、今回は手順を省略させていただく。

Linux Kernelは執筆時点で4.14に対応している。


課題点


  • H5のサポートは実験中のため不具合、未実装などがある。
    image.png



  • ドライバがあまりない。


    • ビデオエンジンのドライバが無いのが個人的には痛かった。全てソフトウェアデコーディングすることとなりビデオ再生では720p 24fpsが個人的には実用の限度だった。720p 30fpsは試してないため大丈夫かもしれないが1080p 24fpsは画面更新がほぼ無いフレーム以外においてコマ落ちが酷かった。


    • クラウドファンディングをやっていたようで2018年12月までにはH5のグラフィックドライバが開発されるらしい。



  • 利用者が少ないためRaspberryPiなどと比較し情報が少ない。


結論

公式のサポートがあてにできないため若干ハードルが高い。公式サポートを削ってその分価格を落としているようなのでそれを考慮しての購入をおすすめする。

H5のサポートを待てるかGUIの利用予定が無い場合はとても良いボードだが、GUIが必要で待てない場合はH3を搭載しているものを買ったほうが良いかもしれない。

H3はグラフィックドライバも既に出来ており、Armbianに付属している。

※Linux Kernel 4.20からで、現在armbianは現在4.14のためまだ付属していませんでした。4.20をビルドすれば対応できると思われます。

ただしH3のGPUであるMali400MP2はハードウェア的な性能はH5のMali450と比較し半分以下と思われる

私は購入後2周間ほどドライバを漁って導入しようとして挫折してを繰り返したのでもし現段階で導入できたつよい方がいらっしゃれば詳しく教えて頂くととてもありがたいです。