Rails
メモ
RubyOnRails

Railsアプリケーションの中身メモ【初心者向け】

1.Railsアプリのファイルについて

デフォルトでは以下のようなファイルが見つかるでしょう。

.gitignore

バージョン管理システム、ソースコード共有システムの「Git」のためのファイル。本格的な開発の際、チームになって開発を進める際などに用いる。初心者の際はまずほとんど使わない。

config.ru

Railsで使われる「Rack」と言うプログラムで使われる。Railsアプリをその場で実行するときに必要になる。

参照:(not初心者向け)
Rails開発におけるwebサーバーとアプリケーションサーバーの違い(翻訳)

Gemfile

Rubyのパッケージマネージャー「Gem」を利用するためのもの。
Railsを勉強すると度々出てくるgem ~はこちらのファイルに記載します。

Gemfile.lock

Gemのためのファイルだが、Gemfileでパッケージ等がインストールされた際に自動生成される。

参照:(not初心者向け)
gemspec と Gemfile と Gemfile.lock との違い.

Rake.file

「Rake」と言うrubyのビルドツールで利用する。

参照:
Rakeとは

README.md

自分で作ったアプリケーションを配布するときのテンプレになるもの。色々内容を追記して配布する。
ちなみに、「md」はマークダウンの略。

参照:
わかりやすいREADME.mdを書く

2.Railsアプリのフォルダの役割について

Railsアプリケーションを作成する際によく用いるフォルダは「app」フォルダと「config」フォルダと「db」フォルダになります。
今回はそれ以外のフォルダの説明も一緒に見ていきましょう。

「app」フォルダ

アプリケーション本体。このフォルダの中にアプリケーションで使うファイルを用意し、ファイルを編集し開発を行う。
開発でよく用いる「controllers」フォルダ、「models」フォルダ、「views」フォルダなどがある。

「bin」フォルダ

これはRailsで使うプログラムを配置しているところ。

参照:
binってなに?railsとrakeってなに?

「config」フォルダ

アプリケーションの設定ファイルをまとめてあるところ。RubyのプログラムやYAMLと言う設定を記述したテキストファイルなどが用意されている。
ルーティングを設定するためのファイル、「routes.rb」もこちらのフォルダ内にある。

「db」フォルダ

データベース関係のファイルがまとまっているところ。
マイグレーションファイルなどを含む「migrate」フォルダや、「seed」といった最初に組み込まれるデータを記述したものなどが用意されている。

「lib」フォルダ

ライブラリフォルダ。アプリケーション全体で利用するプログラムを設置する場合に用いられる。

「log」フォルダ

ログの保管場所。アプリケーションの実行時のログファイルが保存される。

「public」フォルダ

公開フォルダ。Railsの仕組みとは関係なく、外部からアクセスできるようにしたいものはここに用意する。

「test」フォルダ

アプリケーションの動作をテストするためのテストプログラムが用意されるところ。

「temp」フォルダ

キャッシュファイルのように一時的に作成されるファイルはここに用意される。

参照:
tempフォルダとは

「vendor」フォルダ

ソフトウェアベンダーなどが作成するプログラムを設置するための場所。
プラグイン的に機能を拡張するようなときに用いる。

以上です。これからRailsアプリケーションを初めて開発してみようと思う方の参考になれば幸いです。
「Ruby On Rails5超入門」を主に参考にさせていただきました。