Edited at

Rでオブジェクトの構造を調べたいときの関数

More than 1 year has passed since last update.

str(オブジェクト名)

はじめての関数を使った結果の出力データフレームになにが入っているかみたいときに使います。

よく使うのに、よく忘れるので備忘メモとして。

あとそのデータの構造自体を知りたいときはこちら。

class(オブジェクト名)

dist関数の結果とかそのままcsvファイルに出力できないことがあり、この関数のお世話になりました。

余談ですがdist関数の結果をcsv出力したいときは、

as.matrix(オブジェクト名)

としてあげるとマトリクス扱いになり出力できます。