Help us understand the problem. What is going on with this article?

SequelでPostgreSQLのバイナリデータを扱う

More than 1 year has passed since last update.

PostgreSQLにはbyteaという型があり1、バイナリデータを表現することができます。

Sequelbytea型を取り扱う方法を解説します。

migration

マイグレーションファイルは以下のように書きます:

001_create_table.rb
Sequel.migration do
  change do
    create_table :some_table do
      bytea :content1 # => PostgreSQL固有の書き方
      File  :content2 # => PostgreSQLではbytea型として解釈され、他のRDBMSではblob型などとして解釈される
    end
  end
end

insert

insertは以下のように書きます:

insert.rb
binary_data = File.read('hoge.png')
content = Sequel::SQL::Blob.new(binary_data)
DB[:some_table].insert(content1: content)

String をそのままinsertすることはできません。Sequel::SQL::Blob 2 に変換する必要があります。

select

selectは以下のように書きます:

select.rb
content = DB[:some_table].first.content1
File.write('some_image.png', content.to_s)

データベースから取り出した値は Sequel::SQL::Blob 2 になっています。#to_sメソッドを呼ぶことで元のバイナリデータを取得することができます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away