Edited at

Macでのドキュメント作成を少しだけ幸せにする方法


はじめに

大学の講義や、社内のドキュメント作成、おまけに日常生活でもOfficeはド定番です。

この時、WindowsとMacを行き来する時に少し不甲斐なさを感じます。

※注 ここで用語を統一しておきます。

Windows Ctrlキー: Ctrl

Mac Commandキー: Cmd

Mac Controlキー: Control

Mac Option(Alt)キー: Alt


Windows版Office と Mac版Office

MacのOfficeはAltキーのアクセスがない関係でショートカットがごっそり減っています。

作業効率を重視したい場合、モチベも戦闘力もWindowsの半分に落ちたも同然です。

(不明な方は「Altキー Office」などで検索)

しかし場合によっては、WindowsのAlt始まりで素早く行っていた作業を、

Macでも同じ操作感で実現できる可能性があります。


Mac版Officeにショートカットを設定する

私がどうにかMacのキーボードで実現したいと、不満を持っていた操作がこちらです。

(今手元にWindowsが無いため記憶が曖昧です。間違いの可能性があります)

Win
Mac

Excel:列幅の自動調整
Alt, H, O, I
-

PowerPoint:図形の左揃え
Alt, H, G, A, L
-

PowerPoint:図形の上揃え
Alt, H, G, A, U
-

PowerPoint:図形の水平整列
Alt, H, G, A, C
-

PowerPoint:図形の垂直整列
Alt, H, G, A, V
-

Macの設定項目を探してみたら、

Officeのショートカットを任意に設定できる項目を見つけました。

以下では、Excelの列幅自動調整を設定していきます。


1. ショートカットに設定するものを探す

メニューバーに表示されている項目が設定できます。

なので登録したい操作がメニューバーに含まれているか、確認しておきます。

(メニューバーに無い機能は対象外です)


2. ショートカットを登録する

2-1. 設定を開きます。

2-2. キーボード設定のショートカットタブにて、アプリケーションを選択します。

2-3. 「+」で追加ダイアログを開きます。

2-4. アプリケーションを選択します。

2-5. メニュータイトルには先程メニューバーで確認した文言と同じものを入力します。

2-6. ショートカットを入力して追加します。Windowsほど豊富に決められないので、衝突を起こさないよう慎重に決めた方が良さそうです。


3. 確認してみる

ショートカットが動作するか確認することをおすすめします。

メニューバーで間違えたものを選ぶ可能性もあるからです。

試しに、セルの中身に対して歪な長さの列を選択し、

前述のショートカットを実行してみます。

すると、無事に調整されました。


おわりに

私の場合、結果としてこのようなショートカットを登録しました。

Win
Mac

Excel:列幅の自動調整
Alt, H, O, I
Cmd + Control + I

PowerPoint:図形の左揃え
Alt, H, G, A, L
Cmd + Control + ←

PowerPoint:図形の上揃え
Alt, H, G, A, U
Cmd + Control + ↑

PowerPoint:図形の水平整列
Alt, H, G, A, C
Cmd + Control + C

PowerPoint:図形の垂直整列
Alt, H, G, A, V
Cmd + Control + M

Excelに関してはWindowsに似せようとしました。(似てません)

PowerPointに関してはAdobe XDのものと統一してみました。

これを読んでMacでの作業が充実して下さる方が増えれば幸いです。

良きOfficeライフを!