githubでリモートへの初回pushでよく手間取る

概要

GUIからgithubでリポジトリを作った際に、create a new repository on the command linepush an existing repository from the command lineというのが表示されるのでこれの通りに進めていけば良いのだと思うが、うまくいかない時があるし、久々にリポジトリを作った時に、前どうやったんだっけか。。。となるのでメモ。

本題

自分のなかで よく遭遇するうまくいかないポイントはちゃんとリモートを追加できていないこと。

git remote -v

をすれば、リモートが表示されるみたいだが、表示されない。
表示されないなら、ないってことだよね、じゃあaddすれば良いのでは?と安直な考えから、以下のことをするとうまくいかない。なので後続のpushもすることができない。

$ git remote add origin https://github.com/[アカウント名]/[レポジトリ名].git
> fatal: remote origin already exists. <-こんなこと言われる

この際に、addではなくset-urlにするとリモートを追加することができる。

$ git remote set-url origin https://github.com/[アカウント名]/[レポジトリ名].git

この後にpushをすることで初回pushに至ることができる。

git push -u origin master
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.