Help us understand the problem. What is going on with this article?

#AWSの各機能を人に説明するべく簡潔にまとめてみる。

AWSの各機能を人に説明するべく簡潔にまとめてみる。

AWSにはたくさんのサービスがありますが、「結局このサービスってなんなの?」という疑問を自分なりに理解するためにまとめました。

今回もマネジメントコンソールを開き、「サービス」の一覧をもとに一覧化しました。そのため、プレビュー版など一覧に載っていないサービスは含まれていません。また2018年にまとめたもののアップデート版ということで、新しくカテゴリに追加されたサービスには[New]、文章を更新したものには[Update]を付けました。

まとめるにあたって、次のドキュメントや、弊社の多数のブログを参考にしました。

AWS ドキュメント | AWS

AWS | Developers.IO

コンピューティング
Amazon EC2
正式名称は Amazon Elastic Compute Cloud で、AWSのIaaSのひとつ。さまざまなスペックの仮想マシンを作成して実行できる。EBS(Elastic Block Store)やELB(Elastic Load Balancing)と統合されている。

[Update] Amazon Lightsail
VPSサービス。EC2とは料金プランが異なり、ほとんど設定をすることなくWordPressやRedmineなどがインストールされたサーバーを起動できる。EC2への移行パスも用意された。

[速報] Amazon Lightsail が EC2 に移行できるようになりました! #reinvent | DevelopersIO

[New] Amazon ECR
正式名称は Amazon Elastic Container Registry で、フルマネージドなDockerコンテナレジストリサービス。Dockerコンテナイメージの保存、管理、デプロイができる。晴れてマネジメントコンソールのサービス一覧に追加された。

[Update] Amazon ECS
正式名称は Amazon Elastic Container Service で、Dockerコンテナのクラスター管理サービス。サーバーやクラスターの管理不要でコンテナが実行できる Fargate 起動タイプ と、EC2でコンテナを実行するサーバーのクラスター管理を行う EC2 起動タイプ がある。

[New] Amazon EKS
正式名称は Amazon Elastic Container Service for Kubernetes で、フルマネージドなKubernetesサービス。コントロールプレーンの管理が不要、複数のAZで運用されるため単一障害点がないといった特徴がある。

Amazon Elastic Container Service for Kubernetes (EKS) が一般公開 (GA) されました! | DevelopersIO

[Update] AWS Lambda
サーバー不要でアプリケーションコードのみをデプロイすることで、イベント駆動でコードが実行できるサービス。他のサービスとのハブとなり、サーバーレスアーキテクチャの中核となるサービス。最大実行時間が5分から15分に緩和された。

[アップデート] なんだってー!!Lambda の実行時間が 15 分まで可能になっただと! | DevelopersIO

AWS Batch
バッチ処理を実行できるサービス。サーバー不要・処理の実行という点でLambdaと似ているが、Lambdaにはリクエストあたりの最大実行時間が900秒という制限があるため、時間のかかる処理や複雑な処理をしたい時に使用する。処理は ジョブ という単位で登録し、ECSコンテナクラスターで実行される。

AWS Elastic Beanstalk
アプリケーションのデプロイ・管理サービスで、AWSのPaaSのひとつ。EB単体のものではなく、実態はEC2やS3、RDSやELBなどをプロビジョニングするサービス。

[New] AWS Serverless Application Repository
サーバーレスアプリケーションのためのクラウドリポジトリサービス。公開されているアプリケーションを自身の環境に簡単にデプロイできる。自身で公開することも可能で、公開するアプリケーションはAWS Serverless Application Model(AWS SAM)にのっとって作成する必要がある。

【速報】AWS Serverless Application Repositoryが一般利用可能(GA)になりました! | DevelopersIO

ストレージ
Amazon S3
正式名称は Amazon Simple Storage Service で、年間で99.99%の可用性と99.999999999%の耐久性を実現するよう設計されたオブジェクトストレージ。アクセスポリシー、データの暗号化、バージョニング、MFA削除、ライフサイクル管理ポリシー、イベント通知。さらに、静的Webサイトホスティング、タグ付け、クロスリージョンレプリケーションなど、およそSimpleとは言えない豊富な機能を備えている。

Amazon EFS
正式名称は Amazon Elastic File System で、フルマネージドなNFSサーバーサービス。最大数千のEC2インスタンスからの同時アクセスが可能で、ペタバイト単位まで自動的にスケールする。

[New] Amazon FSx
Amazon FSx for Windows File Server と Amazon FSx for Lustre が提供されているフルマネージドなファイルサーバーサービス。for WindowsはWindows向けのファイルサーバー、for LustreはHPCコンピューティングや機械学習向けのファイルサーバー。

[速報] Windows で SMB アクセス可能なファイルサーバ!Amazon FSx for Windows File Server が発表されました! #reinvent | DevelopersIO

[新サービス] HPC用の高速な分散ファイルシステムAmazon FSx for Lustreが発表されました #reinvent | DevelopersIO

[Update] Amazon S3 Glacier
頻繁に使用されないデータ(コールドデータ)に最適化された低コスト、高耐久性を備えたストレージサービス。アーカイブ、バックアップ用途に向いており、S3のライフサイクル管理を利用することで自動的にデータを移行したりできる。正式にAmazon S3の一部となった。

Amazon Glacier改めAmazon S3 Glacierがより利用しやすくなりました #reinvent | DevelopersIO

AWS Storage Gateway
オンプレミスのアプライアンスからクラウドベースのストレージに接続できるサービス。ファイルベース、ボリュームベース、テープベースという異なったインタフェースでの接続がサポートされている。

[New] AWS Backup
EBSやEFSといったサービスのバックアップを集中管理および自動化できるサービス。Amazon DLMを登場からわずか半年足らずで殺しにきたサービス。

【新サービス】 AWSの各種サービスのバックアップを管理するAWS Backupが登場! | DevelopersIO

データベース
Amazon RDS
正式名称は Amazon Relational Database Service で、フルマネージドなRDBサーバーサービス。Amazon Aurora、PostgreSQL、MySQL、MariaDB、Oracle、Microsoft SQL Serverの6つのデータベースエンジンから選択できる。

Amazon DynamoDB
フルマネージドなkey-value型のNoSQLデータベースサービス。セカンダリインデックスやスループットキャパシティによるパフォーマンスの調整ができる。

Amazon ElastiCache
フルマネージドな分散型インメモリデータストアサービス。キャッシュエンジンとしてmemcachedとRedisがサポートされている。

[New] Amazon Neptune
フルマネージドなグラフデータベースサービス。グラフモデルとしてProperty GraphとW3CのRDF、およびそれぞれのクエリ言語であるApache TinkerPop GremlinとSPARQLがサポートされている。

グラフデータベース “Amazon Neptune” 登場! | DevelopersIO

Amazon Redshift
フルマネージドなデータウェアハウスサービス。PostgreSQL互換のインタフェースを備えるため、PostgreSQLの管理ツールが使用できる。

[New] Amazon DocumentDB
フルマネージドなドキュメント指向データベースサービス。MongoDB互換のためアプリケーションコードやドライバーはMongoDBと同じものが使用できる。

[速報] MongoDB 互換のマネージドデータベース!Amazon DocumentDB が登場しました | DevelopersIO

移行と転送
AWS Migration Hub
各種移行ツールの、アプリケーションの移行状況を追跡できるダッシュボードサービス。Migration Hub自体はオレゴンリージョンのみサポートしている。

AWS Application Discovery Service
オンプレミスのサーバーの基本情報、使用状況、設定などのデータ収集サービス。Migration Hubに統合されている。

AWS Database Migration Service
同一DB製品間でのデータ移行、別DB製品への移行サービス。ソースとしてRDB以外にMongoDBがサポートされていたり、ターゲットとしてRDB以外にS3やDynamoDBがサポートされている。Migration Hubに統合されている。

AWS Server Migration Service
オンプレミスのVMwareまたはHyper-Vの仮想マシンをAWS クラウド環境に移行するサービス。Migration Hubに統合されている。

[New] AWS Transfer for SFTP
フルマネージドなSFTPサービス。SFTPサーバーのバックエンドにはS3が使用されるため、アップロードしたファイルをアーカイブや処理に使用できる。

“AWS Transfer for SFTP”発表!S3がSFTPで連携可能に!! #reinvent | DevelopersIO

AWS Snowball
オンプレミスのサーバーとS3との間で、オフラインでデータを移行するサービス。ペタバイトクラスのデータ移行が主なユースケースのひとつ。

[New] AWS DataSync
オンプレミスのストレージと、S3またはEFSとの間のデータ移動を自動化するデータ転送サービス。オンプレミス環境にDataSync Agentをデプロイし、DXやインターネットを介してデータをコピーできる。

[新サービス] AWS DataSyncが発表されました! #reinvent | DevelopersIO

まとめ
その1をお届けしました。どのカテゴリにも新しいサービスが増えていますね。2018年版は ネットワーキング & コンテンツ配信 のカテゴリもその1に含めていましたが、サービスが増えた関係で整理してその2に送りました。来年はどうなっているんでしょうか。

それでは、その2もお楽しみに!

gamelike319
よろしくね
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした