mosquitto
mq

Mosquittoサーバー起動及びパブリッシュとサブスクライバの使い方


Mosquittoの場所

Mosquittoは、こちらの環境に置いておく場所は以下の通りです


  • /usr/sbin/


    • Mosquitto



  • /usr/bin/


    • mosquitto_pub

    • mosquitto_sub



  • /etc/mosquitto/


    • ca_certificates


    • certs


    • conf.d


    • mosquitto.conf




Mosquittoサービスの起動と確認

$ cd /usr/sbin

# サーバー起動
$ mosquitto -c /etc/mosquitto/mosquitto.conf -v
# 利用中ポート確認
$ ss -ilt4
State Recv-Q Send-Q Local Address:Port Peer Address:Port
LISTEN 0 128 127.0.0.53%lo:domain 0.0.0.0:* cubic cwnd:10
LISTEN 0 128 0.0.0.0:ssh 0.0.0.0:* cubic cwnd:10
LISTEN 0 5 127.0.0.1:ipp 0.0.0.0:* cubic cwnd:10
LISTEN 0 100 0.0.0.0:1883 0.0.0.0:* cubic cwnd:10

ポート1883が見ればMosquittoサーバが起動済です。


メッセージをサブスクライバ

まず、メッセージをサブスクライバしてみましょう。

$ cd /usr/bin/

$ mosquitto_sub -h localhost -p 1883 -t topic01


メッセージをパブリッシュ

新しいTerminalを開けて、Brokerとして下記のように「hello mosquitto」メッセージをパブリッシュして置くと、サブスクライバの画面にはメッセージが受信できるはずです。

$ cd /usr/bin/

$ mosquitto_pub -h localhost -p 1883 -t topic01 -m "hello mosquitto"


mosquittoサービスの停止

直接にmosquittoサービスを止めて行くことができませんが、以下でmosquittoサービスを停止して行きましょう。

$ ps -A | grep mosquitto

21674 ? 00:02:38 mosquitto
$ kill -9 21674