Android

Android再入門 - Twitterクライアントを作ってみよう - Twitter APIを使うアプリを登録

More than 5 years have passed since last update.


はじめにここでは、Twitter APIを使うために必要になるアプリの登録を行います。


アプリを登録


  1. https://dev.twitter.com/ を開きます。



  2. 右上の「Sign in」から自分のTwitterアカウントでログインします。




  3. ログインできたら右上のメニューから「My applications」をクリックします。




  4. 「Create a new application」をクリックします。




  5. 以下を入力して一番下の「Create your Twitter application」をクリックします。

    Name

    登録するアプリの名前です。認証する時に表示されます。

    Description

    アプリの説明を書きます。

    Website

    アプリのWebサイトがあれば入力します。なければ、何かしらのアクセスできるWebサイトのURLが必要です。とりあえず、開発するだけということであれば適当に自分のTwitterページのURLでも入れておきましょう。

    Callback URL

    OAuth認証後のリダイレクト先のURLを入力します。AndroidアプリでOAuth認証後にアプリにリダイレクトさせるために、Androidアプリ側で明示的にCallback URLを指定するのでここでは適当なURLでOKです。ただし、未入力にするとデスクトップアプリとして認識されてしまい「oauth_callbackは指定できません。」というエラーになるので必ず 未入力にはしない でください。




  6. 「Settings」>「Application Type」のAccess:で「Read and Write」を選択して一番下の「Update this Twitter application's settings」をクリックして変更を保存します。この設定をしないとツイートの投稿など書き込む系のAPIが使えずにエラーになるので忘れないように注意してください。




Consumer keyとConsumer secretをメモ



  1. 「Details」に戻って、「OAuth settings」のConsumer keyとConsumer secretをメモします。あとで、Androidアプリ側で使います。



Twitter APIを使うためのアプリの登録は以上です。

目次へ戻る