Linuxコマンド

サーバ負荷を監視してリリースしよう。Linux - topコマンド

ファイルデプロイ・バッチ実施などのリリースはサービス維持において避けられないもの。
最低限行っている負荷監視をメモとして記載。

「top」コマンド実行

こんな感じの結果が出ます。
[hoge@fuga]$ top
top - 20:49:53 up 7 min,  1 user,  load average: 0.03, 0.36, 0.23
Tasks:  79 total,   2 running,  77 sleeping,   0 stopped,   0 zombie
Cpu(s):  0.0% us,  0.3% sy,  0.0% ni, 99.7% id,  0.0% wa,  0.0% hi,  0.0% si
Mem:   1035556k total,   453728k used,   581828k free,    13820k buffers
Swap:  2096472k total,        0k used,  2096472k free,   329060k cached

大事なのは load average: 0.03, 0.36, 0.23 の一番左の値「0.03」。
どういう意味かと言うと、

直近1分間の単位時間あたりの待ちタスク数

簡潔に言うと、この値がCPU数を超えてくるとヤバい、です。
では、CPU数はどうすれば見れるのか?

さらに「1」を押下

こんな感じの結果が出ます。
[hoge@fuga]$ top
top - 20:49:53 up 7 min,  1 user,  load average: 0.03, 0.36, 0.23
Tasks:  79 total,   2 running,  77 sleeping,   0 stopped,   0 zombie
%Cpu0  :  0.0 us,  0.0 sy,  0.0 ni,100.0 id,  0.0 wa,  0.0 hi,  0.0 si,  0.0 st
%Cpu1  :  0.3 us,  0.0 sy,  0.0 ni, 99.7 id,  0.0 wa,  0.0 hi,  0.0 si,  0.0 st
%Cpu2  :  0.7 us,  0.3 sy,  0.0 ni, 99.0 id,  0.0 wa,  0.0 hi,  0.0 si,  0.0 st
%Cpu3  :  0.0 us,  0.0 sy,  0.0 ni,100.0 id,  0.0 wa,  0.0 hi,  0.0 si,  0.0 st
Cpu(s):  0.0% us,  0.3% sy,  0.0% ni, 99.7% id,  0.0% wa,  0.0% hi,  0.0% si
Mem:   1035556k total,   453728k used,   581828k free,    13820k buffers
Swap:  2096472k total,        0k used,  2096472k free,   329060k cached

%Cpu0 ~ %Cpu3 の表示が追加されました。
意味は、

4つのCPUが動作している

となります。
つまり、リリース後 load average: 4.01, 2.36, 1.23 のような状態となると
遅延が発生し始めサービスにも影響を与え始める、と言う事になります。
 

参考:http://makaaso.hatenablog.com/entry/2015/09/10/071238