Help us understand the problem. What is going on with this article?

駆け出しエンジニアの成長日誌

自己紹介

はじめまして、まさしと申します。

初めての投稿ですので、簡単な自己紹介を下記しておきます。

某大手化学メーカーの研究職からエンジニアへの転向を決意し、現在プログラミングスクールで勉強しながらWeb系企業への転職に向けてポートフォリオを作成中の身です。現在26歳です。

大学の頃からずっと、白衣を着てフラスコを振って・・・みたいなTHE・科学者をやってきたのですが、過去の専門知識を全捨てし、エンジニアの世界に踏み出す覚悟を決めました。

なお、勝又健太@テック系Youtuber(@poly_soft)さんに憧れています。
この方の記事や動画を見て決意を固めたと言っても過言ではありません。

右も左も分からないド素人ですが、やる気と情熱は人一倍あると自負しています。
様々な知識やスキルを貪欲に吸収し、それらを積極的にアウトプットしていけるようなエンジニアになるべく日々研鑽していきますので、宜しくお願いします!

本題

正直、これまでの人生においてはSNSで何かを発信したことなんてないのですが、つい先日 @_kanacan_ さんの新人エンジニアの私が圧倒的成長するためにやっていること」という記事を拝見したことも刺激となって、私も今後は以下3点を目的としてQiitaやTwitterを積極的に利用していきたいと考えました。

・自分の学びの内容を見える化
・アウトプットする訓練
・有識者からのコメントにより更に知識やスキルを深化

ド素人ながら、結局はアウトプットし続けていくことが最速で1人前のエンジニアに近づくためのアプローチだろうという結論に至った次第です。

今後、QiitaやTwitterを利用していき、「習慣を変えること」と「自分に課題を与え続けること」を実践していきたいと思います。

具体的に、まずは
1. 毎日プログラミングに触れる
2. その日の学びを1個/日以上、Twitterでアウトプットする
3. 1個/週以上、Qiitaでアウトプットする

ことを継続していけるよう、習慣付けたいと思います。

できるようになるまでやめとこう、、、と躊躇っていては何も始まらないと思うので、まずは訓練と思ってショボいことでも発信していければと思います。

まとめ

  • 最大効率で成長していくためにQiitaやTwitterを積極的に利用することを決めた。
  • 自分への課題として、以下3点を継続していく。

 1. 毎日プログラミングに触れる
 2. その日の学びを1個/日以上、Twitterでアウトプットする
 3. 1個/週以上、Qiitaでアウトプットする

最後に

本日、Qiitaと共にTwitterも始めました!
最初はショボいことしか書けないと思いますが、駆け出しエンジニアの日々の成長を温かい目で見守っていただければ幸いです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away