Edited at

Botkitで作ったAmazon検索Slackボットを公開してみる

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

みなさん、Slack使っていますか? コードを書くか、ブラウジングか、Slackか、みたいな感じで1日が過ぎていくのではないでしょうか。

さて、2015年末に、Slack App Directoryの発表とともに、SlackのBotを作るためのフレームワークBotkitが公開されました。これまでもGitHub社制のHubotがありましたが、「Botkitは公式ということで格段に開発がしやすくなった」という噂を聞いていました。そこで、「APIを使って普段使うサービスをSlackで叩ける用にして、一般に公開する」ということをやってみました。

Botkit

Slack App DIrectory


Amazon検索Botを作ってみた

普段もっとも良く使うサービスの1つにAmazonがあります。SlackでBotに話しかけるとAmazonで検索してくれたら手間が省けるのでは?と思い、ノリと勢いで作ってみることに。


AmazonBotはこちら

AmazonBot | SlackでAmazon検索Bot

半日でできたものがこちらになります。使い方はシンプルで

@amazonbot: search おむつ とsearchをつけてボットにメンションを飛ばすと、下記のように最大5件の検索結果を表示します。


使った技術

Node.js BotkitはNode.jsで作られています

Express Node.jsのWEBアプリケーションフレームワークです

※今回はBotkitをExpressで使えるようにしている人がいたので、それを使いました https://github.com/mvaragnat/botkit-express-demo

heroku 公開するためにはサーバーが必要なので、お手軽なherokuを

Amazon Product Advertising API Amazon商品を検索るための公式APIです


最後に

Botkitを使うと手軽にSlack上で動くBotを作り、公開することができます。みなさんもぜひ作ってみて下さい!


技術的なところについて

詳しく解説しようかと思ったのですが、

BotkitでSlackのBotをサクッと作る方法

Slackの新しいフレームワークBotkitを試してみる

素晴らしい記事がありますので、割愛します。

コメントを頂ければ具体的にお答えします。今回はあくまでも、Botkitを使うと半日くらいで公開までできますので!という実例紹介とさせてください....