Posted at

HAPTIC DESIGN CAMP

More than 1 year has passed since last update.


HAPTIC()

体験デザインの"次"へ

UX/CX, UI, Space, Fab

Haptic Designer(= 触業)を作る


Virtual Realityに足りないもの


  • 質感

  • 実感

  • 情感
    身体的体験を拡張・共有・する

誰でも使える技術を作る

Techtile Tool Kit

触覚を使ったものづくり


触業 = Haptic Designer

触感をデザインする

実感・質感・情感をデザイン

触覚として体験すると記憶として定着する

触れるアート

レーザーカッターを使って触感をデザイン

触感のスタンプ


Pseudo-haptic

擬似触覚

https://www.youtube.com/watch?v=Wak6ptsnALA

気持ち良さそうなものを並べる

CGは基準値がないから共感覚を持ちにくい!

触らせるように動かすことで、脳をだます

触っているというより自動で動かされている感じ

映像とハプティックスの融合

VRなどとの親和性高そう


Naked

現実空間の中に映像を拡張しよう

反省点

駒を置くときに気持ち悪い

・無限プチプチ

アフォーダンス、出っ張っているものは潰したくなる

・5秒スタジアム

VR

触感を変えるために使う


クロストーク

・映像設計と触覚設計の共通点

・映画空間(マテリアルが感じられないと世界への没入感がなくなる)

・ハマルとは?

→やめられなくなる、クセになる(限りなく本能的なこと?)

欲望を動かす

気持ち良さの設計が重要→気持ち悪さの設計は?

シチュエーションに合わせた気持ち良さ悪さの度合い設定が大切?

見えないものやこだわり

記号的なもの

文字・情報・言葉に対しての身体感覚

社会とのつながりも触覚(政治など)→肌感覚?(腑に落ちる、しっくり来る)

肉体的なものではない記号的なものも触覚

主観

触覚を軸に話すと、本能→ズレがなくなる

人間と言うものを捉えられる

あらゆるものの触感をよくすればいいものではない→大事なのはズレがないこと、つまり違和感がないこと?考えさせない

共有しやすいコンテキストが失われているのではないか?

→細分化されすぎている

コンテクストを共有しているものは体感だけで繋げやすい

あらゆるものを身体感覚に落とす。身体的に理解しようとする

単純に一つのものでは触覚は作り出せない。

複数のものが関わった時のコントラストの生み出しかた


何から手をつけるか?

自分感じたものを言語化する

触感を学習させる。触感言語?(悲しみは痛いとか?)

気持ち良いものを作る前にまずは面白いものを作る

本物のプチプチは一万個に一個がハート型

100回目なのにワンとかビヨーンとかぷーとかっていう→違和感、予想外

面白いものには全て感覚がともなう


コミュニケーションを作るとハマルを作るの違い

似てるようで違う

自分の体を身体的に理解する

不確定性は重要→同じことしか起こらないと慣れが生じて刺激値が減ってしまう

裏切られることで、コミュニケーションが生じる

本能的に不確定性に対して脳的に報酬が出てくる

より直感で扱える


触覚におけるデザインメソッド

佐藤雅彦はハマるというものを映像的にメソッド化している

泣き止み動画、赤ちゃんを泣き止ませる

ハマる ニアリーイコール 没入感

五感面白い!

大切なのはリアルではなく、世界観の中におけるルールによる統一感

うまく嘘をつく

誇張したりデフォルメする演出も大切

文化的な背景も大切になる

・指をポキポキ鳴らす:無限指ポキポキ

・FLOWERSと嗅覚の親和性

・ZIG SIMに合わせたスマホ用デバイス

・心臓のスキャンニングと連動

・シェーダーに使えそう

・テレイグジスタンス

・噛む、グミとか

・見た目と感触のズレ、先入観の裏切り、脳をだます

・触覚の組み合わせ

・音の触感

・食育に使う

・アナログ感