Windows
UNIX
XWindowSystem
FUJITSUDay 1

Windows 上でのUnix 開発環境 2017年版

まえおき

この記事は FUJITSU Advent Calendar 2017 の1日目です。FUJITSU グループ会社勤務の @euxn23 です。

PC メーカー系勤務だと支給マシンがWindows ということがあるかと思います。

こういうときに一般的なのはVM を作成して SSH クライアントから接続すると思いますが、それではクリップボードや日本語文字列周りの不具合に遭遇することがあります。

それらを解決するために Windows 上でUnix 環境を快適に使う方法をいくつか試したので、それを書き記します。

求める条件

  • クリップボードがUnix 内と共通化されている
  • GUI でファイルが操作できる
  • まともなターミナルが使える
  • 日本語表示の問題が発生しない

現状の問題点

  • rlogin 等の ssh クライアントから ssh した場合、tmux 等で日本語の挙動がおかしくなる問題
  • VM との共有フォルダの場合、Windows のファイル path 長制限に引っかかりライブラリのインストール等が落ちたり、シンボリックリンクが貼れなかったりする問題

方法

1. Bash on Windows からX11 サーバに転送する

Windows 10 の場合はこれで解決です。

VcXsrv 等のX11 サーバをWindows に入れ、Bash 側で export DISPLAY=localhost:0.0 を指定すれば使えます。

簡単に試す場合は $ xeyes 等でできます。

VcXsrv で起動したターミナルの場合、vim や tmux を含め、クリップボードもWindows 側と共有されるため非常に便利です。

また、日本語の問題も発生していないように見えます。

2. SSH のX11 Forwarding 機能を使用してホストのX11 サーバに転送する

Windows 10 以外の場合は、多分これが良いです。

X11 サーバと busybox ベースの Unix シェルを内臓した MobaXTerm が良いです。

SSH コマンドも入っているため、 $ ssh -X オプションを使用して手元にX11 Forwarding できます。

ファイラーやエディタもWindows 側の X サーバで操作すれことで、まるでローカルにあるファイルのように操作することができます。

こちらも上記同様、Windows 由来の日本語の問題は発生しないように見えます。(Linux 側の日本語設定はしなければなりませんが)

まとめ

Windows 側に X11 サーバを立てるのが良さそうです。