Help us understand the problem. What is going on with this article?

.zshrcを整理する

More than 5 years have passed since last update.

みなさんこんにちは。.zshrcメンテナンスしていますか? ということで、年末だし大掃除の季節なので、普段自分がどのように.zshrcを整理しているかについてメモを書き残しておこうかと思います。

なお、以下の設定はもしかしたらoh-my-zshを前提としている部分もあります。

.zsh.dというディレクトリを作成する

自分の場合ですと、.zshrcというディレクトリを作成しています。こんな感じですね。

.zsh.d
├── develop
│   ├── go.sh
│   ├── haskell.sh
│   ├── haxe.sh
│   ├── jvm.sh
│   └── node.sh
├── hell-zsh
│   ├── alias.sh
│   ├── all_unzip.sh
│   ├── english.sh
│   ├── todo.sh
│   ├── what.sh
│   └── wikipadia.sh
├── init.sh
├── mytheme.sh
├── private
│   └── (use work)
├── zsh-browse-command
│   ├── readme.md
│   └── zsh-browse-command.sh
└── zsh-tare.sh

.zshrcから.zsh.dを呼び込む

基本的には、.zsh.dでインポートしたいことは、上記のinit.shの部分から読み込みたいとおもっているので、単純に

source ~/.zsh.d/init.sh

という形にしていますが、これは過去のアレにもあったように、autoloadを使うべきという指摘があったので、そちらに変更しようと思ってます。

さらにディレクトリを掘る

例えば、プログラミング言語が要請する環境変数に関しては、全部developに置いています。例えばGo言語であるならば、GOBINGOPATH、あるいはJVMならばJAVA_HOMEなどですね。

mythemeを作成する

少なくとも、Web系のプログラマだったりすると、黒い画面をさわっている時間が長いかなと思います。例えば、自分の場合だと、下のように表示させるように修正をかけています。

--- 
 esehara  →  ~
 [l_l]? 

これを表示する部分は下の通り

PROMPT='
%{$fg[red]%} --- %{$reset_color%}
%{$fg[yellow]%} ${USER} %{$reset_color%} →  %{$PROMPT_SUCCESS_COLOR%}%~%{$reset_color%}

%{$PROMPT_PROMPT%} %{$fg[white]%}[l_l]? %{$reset_color%} '

hell-zshについて

これはそのうち便利機能詰め合わせセットとしてやりたかったのですけど、とくに活用されていません。一応こんな関数が定義されているくらいのことは紹介しておきます。

todo () {
    echo $1 >> $HOME/todo.txt
}

task () {
    cat $HOME/todo.txt
}

all_unzip () {
    find . -name \*.zip -print0 | sed -e 's/\.zip//g' | xargs -0 mkdir
    find . -name \*.zip -exec unzip {} -d `sed -e 's/\.zip//g' {}`; echo {}
}

wikipedia () {
    lynx http://ja.wikipedia.org/wiki/$1
}

あとエイリアス

alias find-python-file='find . -name \*.py'
alias find-html-file='find . -name \*.html'
alias jpg_to_pdf="convert `ls -v`"

欠点

こういう風に管理していくと、コンソールの立ち上がりが少々重くなるので注意が必要です。

まとめ

年末のことですし、新年に向けて、自分の設定について見直す機会を作ってみるのも良いかもしれません。

esehara@github
本物のプログラマーではないほうを担当しています
http://bugrammer.hateblo.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした