Help us understand the problem. What is going on with this article?

Swift の Dictionary で nil を扱う

More than 5 years have passed since last update.

目的

Swift には nil を扱える Optional 型があります。

これを Dictionary 型の値として使うことで、Dictionary 型で nil の値を扱えるようになります。

定義

値の型として Optional 型を指定します。

var dict = Dictionary<String,String?>()

値の取得

値の取得は通常どおりです。

let value:String?? = dict["a key"]
  • Dictionary の値として定義された型 String? がさらに Optional でラップされて得られます。
  • 指定したキーが存在しない場合は nil が得られます。
  • 指定したキーの値が nil だった場合は Optional<String>() が得られます。

値の設定

通常の値は、通常どおりの方法で設定できます。

dict["key1"] = "STRING VALUE"

nil を設定したい場合は Optional の nil 値を設定します。

dict["key2"] = Optional<String>()

直接 nil を設定すると、指定したキーが Dictionary から消去されます。

キーの存在判定

通常どおりの方法で判定できます。

if let value = dict["a key"] {

}
  • キーの値は Optional 型で得られます。
  • Optional の nil が設定されている値も Dictionary 内に存在できます。
  • nil を直接設定したキーは消滅しています。

[詳細] http://ez-net.jp/article/1C/t1D5_SZN/hZ0evGOf9-uc/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした