Ruby
HTML
CSS
JavaScript
RubyOnRails

いきなりRails始めた初学者はHTML,JavaScript,CSS,Rubyをちゃんと学習しようぜ

Railsのようなフレームワークを使うとすぐにWebページが動きます。
なので、いきなりRailsから入るエンジニアってけっこういるんじゃないでしょうか。
しかし、長期的に見ると基礎となるRuby,HTML,CSS,JavaScriptを先にしっかりと学習した方が良いと思います。

私自身、仕事の都合上エンジニアになりすぐにRailsでの開発に入る事になりました。
しかし、なんとなく動くものを作れるが、理解はできずに知識が蓄積しない状態になっていました。

理解を積み重ねるためには学習負荷を下げた方が良いと思い、簡単に分かるRuby,HTML,JavaScript,CSSを、「w3schools.com」や「ruby-doc.org」その他書籍を利用して3ヶ月間程、基礎が無意識で書けるようになるまで書いてみました。

流石に飽きて来たなーって頃にRailsの学習に戻ってみると、
難しいと感じていたRailsのチュートリアルやドキュメントもスラスラ読めるようになっていました。
それもそのはずで、Railsの「form_tag」一つとっても、rubyのハッシュ、ブロック、htmlのformタグ、inputタグ、submitタグ, アトリビュート, httpのmethod等々、基礎となる知識が大量に詰まっています。それらの前提が無意識レベルで理解できていないと、思い出したり調べながらドキュメントを読む事になるので、なかなかスムーズに理解は進みません。

無理に最短ルートで開発に着手しようとする前に、前提となっている知識を学ぶのはやはり大事です。

基礎を固めてる間は直接的な成果物が無いので先が見えないような感覚になるのですが、
いざ終わってみると身近に見えるものが一気に広がっています。

ただし、1レイヤー以上深堀っての学習は基本的に後回しにできる事が多いです。
ブラックボックスのままでも学習を進められる所は進めてしまうバランス感覚も必要です。