Qiitaのインライン数式記法で並括弧の出力には\が2個必要

本文

\Bigl\{\Bigr\}

pre記法ならこれでOK

\Bigl\{\Bigr\}

だが、インライン記法だと、$\Bigl{\Bigr}$となり、NG

\Bigl\\{\Bigr\\}

と\を重ねると、$\Bigl\{\Bigr\}$となり、OK

おまけ

\left\rightは正しく対応していないと出力できない

\left\{
\left\{
\right\{\left\}
\right\{\left\}

両方あれば特に対応していなくてもよい

\left\{\right\{
\left\{\right\{
\left|\right[
\left|\right[

\bigl等は可能

\bigl\{
\Bigl\{
\biggl\{
\Biggl\{
\bigl\{
\Bigl\{
\biggl\{
\Biggl\{
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.