Help us understand the problem. What is going on with this article?

一晩でKubernetesを覚えて帰ろう。ワンナイトBootCamp! - cndjp#10 レポート

cndjpのkubernetes初心者向けミートアップ参加レポート

  • 発表者のお話を聴きながらk8s面白そう!って思い、この日は本格的にCKA取得に向けたスタートの日となんとなく決めてみました。

  • 運営メンバーの方や会場提供していただいている企業さんにはとっても感謝です。高倍率の抽選に当たって参加させていただいたからには何か貢献できるように努力していきたいものです。:bow_tone1:

  • かわいいロゴでいいですね↓:grinning: ひつじ?くも?
    image.png

1. イントロダクション

  • これからk8s始める人には、とても分かりやすい資料だなと思います。
  • iPhoneにBluetooth接続して使っているキーボードが打鍵し難く、自作キーボードの話に「オッ!久しぶりに秋葉いってみっか!」という気になりました。ボータブルなキーボードあるかな。

2. Kubernetesの基礎

  • sidecar・・・1個のpodに複数のコンテナを実装。1個のコンテナが死ぬとpodが再起動される。メリットは何でしょう?
  • 1個のpodに複数のlabelが付与できるので注意。
  • configurationとetcdの違いは?
  • configmap・・・設定情報をKV形式で保持
  • secret・・・機密情報、BASE64、tmpfsに保持し停止したらデータが消える
  • podとserviceのIPセグメントは異なるよ →kubeadm config viewコマンドで見れるんだ
  • deployment -> replicaset -> pod -> container

3. 動いているところを見てみよう!

  • kubectlコマンドによるデモでした。(資料はありません)

4. Kubernetesのアーキテクチャと発展的な使い方

  • kubectl run コマンドを発行してからAPIサーバが認証し、podがデプロイされるまでの動きを詳しく面白く説明してくれました。こコマで詳細に理解ができる楽しそうとです。
earlybird787
I've been thinking recently how to resolve Global Warming by using OSS and coding Program.
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした