Help us understand the problem. What is going on with this article?

AODC2019でElixirでHERE API超入門した話

More than 1 year has passed since last update.

こんにちは。

今日、Asia Open Data Challenge 2019で出会った
HERE API( =HERE社が提供する地図API)に入門しました

Asia OpenData Challenge2019について知りたいかたは↓↓を参照くださいませmm

賞金 $3,500 - 4ヶ国で競うアジアのハック

アジアのハックということで海外の地図。
今回はタイのバンコクエリアで、使っていきたいと思います

Get started with HERE A

入門の流れ

  1. アカウントを登録

    • Here社のdeveloper向けサイトはこちら
  2. どんなAPIがあるのか確認

    • HEREのドキュメント(こちら)を確認
    • 提供されているAPIからいくつかピックアップして使ってみます
  3. 実際に使ってみる & 動かしてみる

まずは Hereのdeveloperアカウントを登録します。

スクリーンショット 2019-07-07 10.01.44.png

  • 右上のGET STARTED FOR FREE のボタンを押します。
    • ↓↓ようなアカウント登録の画面が表示されます

スクリーンショット 2019-07-07 10.03.21.png

  • アカウント登録画面に情報を入力します
    • First Name(名) / Last Name(氏) / EMailに自身の情報を入力
    • Passwordには、強固なパスワードを入力
    • Country/regionは、適切な国を選択
    • 私は日本国籍・日本在住なので Japan を選択しています
    • Security Checkは画面に表示された文字列を適切に入力
  • 一番下の Register for a HERE account ボタンを押すとアカウント登録されます

    • ボタンを押す前に、Service Terms / Privacy Policyをちゃんと読みます スクリーンショット 2019-07-07 10.07.07.png
  • 一番下の Register for a HERE account を押すとアカウント登録されます

  • EMail欄で入力したメールアドレス宛てに、 HEREからVeritifactionメールが届くのでCOnfirm、

    • Welcome to HERE という件名でした

どんなAPIがあるのか確認してみる

  • HEREのドキュメントを確認する
  • 大きく分けると以下の種類のAPIが紹介されています

    • MAPS - Highly accurate maps, available worldwide
    • SEARCH AND GEOCODING - Use latitude and longitude to search for addresses and POIs
    • ROUTING AND NAVIGATION - From voice-guided pedestrian routing, to intermodal routing, to optimized truck routing
    • FLEET TELEMATICS - Advanced location algorithms for complex fleet management use cases
    • MORE APIS AND SDKS - More and more

実際に使ってみる & 動かしてみる

  • APIたくさんありますね。
  • まずは基本。ということで、一番基本に近そうな上から2つ↓↓を使ってみたいと思います
    • MAPS
      • タイバンコク付近のインタラクティブな地図を表示
    • SEARCH AND GEOCODING
      • タイバンコク近辺のランドマークを検索

これらのサンプルコードをひらすら写経

苦節すること2時間

  • 無事入門できました!

スクリーンショット 2019-07-07 14.51.12.png

  • 地図上には、目標物のアイコンを表示しています。クリックすると(タイ語で目標物のラベルが表示される)

スクリーンショット 2019-07-07 15.29.48.png

まとめ

  • 無料で使えて素晴らしいHERE API。
  • 途中様々苦戦したですが、なんとか、使うことができました

    • INTERACTIVE MAPS - サンプルの通りにやったが地図が出ない
      • 翌日試したら表示されました!
    • SEARCH AND GEOCODING - バンコク中心で検索すると、目標物のラベルもタイ語
      • 現地語以外にも対応しているのか..
  • 残りのAPIに HERE の 持ち味が隠されていそうなので、引き続き残りの部分も使ってみます!

    • ROUTING AND NAVIGATION
    • FLEET TELEMATICS

補足 (ジオコーディング の REST APIを叩くところだけ、構造が複雑だったので、コードの断片を残します)

  • SEARCH AND GEOCODING の reverse-geocode-landmarksサンプルと合わせて参照

  • reverse-geocode-landmarks を呼び出すコード

    • ElixirのHTTPoisonで実装しています-m
envs = Application.get_env(:iam_here, IamHere.Endpoint)

# HERE の reverse geocoder REST APIにリクエストを送信
http_response = HTTPoison.get!(
  "https://reverse.geocoder.api.here.com/6.2/reversegeocode.json", 
  "?app_id=" <> envs[:here_api_app_id] <> 
  "&app_code=" <> envs[:here_api_app_code] <> 
  "&mode=retrieveLandmarks" <>
  "&prox=13.72564,100.54106,1000")

# HERE の reverse geocoder REST APIのレスポンスをデコード
response_json = case http_response do
  %HTTPoison.Response{body: body, status_code: 200} ->  body | HTTPoison.decode!
  %HTTPoison.Error{reason: reason} -> raise "Oops, #{reason}"
end

landmarks = response_json |> Map.fetch!("Response") |> Map.fetch!("View") |> Enum.at(0) |> Map.fetch!("Result")
  • landmarksの中に、以下のような構造のデータ(Map型のリスト)が入った状態になるので、これを表示します
[
  {
  "Relevance": 1,
  "Distance": 55.9,
  "MatchLevel": "landmark",
  "MatchQuality": {
    "Country": 1,
    "County": 1,
    "City": 1,
    "District": 1,
    "Subdistrict": 1,
    "PostalCode": 1,
    "Name": 1
  },
  "Location": {
    "LocationId": "NT_EfXFH4vWxnBKXMwx7Ogo.D",
    "LocationType": "canalWaterChannel",
    "Name": "คลองสาทร",
    "DisplayPosition": {
      "Latitude": 13.72391,
      "Longitude": 100.53719
    },
    "MapView": {
      "TopLeft": {
        "Latitude": 13.72595,
        "Longitude": 100.53034
      },
      "BottomRight": {
        "Latitude": 13.72187,
        "Longitude": 100.54398
      }
    },
    "Address": {
      "Label": "ทุ่งมหาเมฆ, สาทร, กรุงเทพมหานคร 10120, ประเทศไทย",
      "Country": "THA",
      "County": "กรุงเทพมหานคร",
      "City": "กรุงเทพมหานคร",
      "District": "สาทร",
      "Subdistrict": "ทุ่งมหาเมฆ",
      "PostalCode": "10120",
      "AdditionalData": [
        {
          "value": "ประเทศไทย",
          "key": "CountryName"
        },
        {
          "value": "กรุงเทพมหานคร",
          "key": "CountyName"
        }
      ]
    },
    "MapReference": {
      "CountryId": "22888206",
      "CountyId": "22883206",
      "CityId": "22883206",
      "DistrictId": "22887252",
      "PlaceId": "1436108393"
    }
  }
}
]
e_fujikawa
はじめまして
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした