Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rails Developers Meetup 2018 Day 3 Extreme スライドまとめ

More than 1 year has passed since last update.

Rails Developers Meetup 2018 Day 3 Extreme スライド まとめ

補足

  • 勝手にまとめました。 :pray:  問題等あればコメントをお願いします。
  • 登壇者ご本人のブログ等が見つかった場合は、そちらを優先しています。
  • 表を書くのを簡略化するために全てリンク形式で書きました。スライドを見つけられなかったものもリンク形式になってます。:pray:
  • 抜け漏れ等あると思いますが、随時更新させていただきます。 :bow:
  • Day 1, Day 2はこちら

Day 3

時間 トラックA トラックB
10:40〜 より良い採用面接をするために心がけていること 曖昧さを受け入れて開発をしていく方法
11:05〜 Octocatは技術的負債の夢を見るか? Rubyだけ! JSを一切使わない無理やりフロントエンド開発TRICK
11:30〜 pixiv Sketch Live: WebRTC配信サービスの裏側 Active Record connection adaptersについて私が知っているいくつかの事柄
11:55〜 Ruby でつくるデータ分析基盤 - Rails アプリケーションにおけるデータ処理の変遷 RubyKaigi 2018 のデザインをやらせていただきました
12:20〜 GCPをフル活用したゲームログ収集基盤の構築 オブジェクト指向設計実践ガイドこれだけは実践しとこうガイド
12:45〜 エンジニアが作りたいものを本気で作るための起業という選択肢。レビュー支援サービスSiderの着想から現在、未来 IKUSEI on Rails
13:10〜 FiNCのサービス開発のすべて esmメンバーの関心事〜開発手法と開発環境編
14:00〜 RailsエンジニアのためのNLP入門 技術顧問という働き方
14:25〜 enzaプラットフォームのアーキテクチャ Quipperが実践する、定量データに基づく意思決定と開発
14:45〜 Elasticsearchで多言語検索対応してみた話 Rails経験者が万葉の新人研修を受けて得られたこと
15:00〜 Rails + TypeScript + React + Hypernovaで始めるSSRライフ バージョンアップと一緒に走る
15:20〜 Railsと考えるデータベースのインデックス戦略 Rails 開発環境としての Windows という選択肢
15:35〜 リフォーム Rails app Railsのissueを毎日読む方法
16:15〜 電子カルテとセキュリティガイドラインとAWSと私 RSpecでBDDをしよう
16:35〜 SansanでのRuby SmartHR の開発現場最新事情 〜マイクロサービス始めました〜
16:50〜 Vim Rails Way の再考
17:15〜 Wantedlyにおけるプロダクト、技術、組織、7年間の進化 悪魔の城のヒアドキュメント
17:40〜 Attributes API実践 エンジニアのためのスライドデザイン実践講座
18:05〜 GraphQL on Rails 2018 フォームオブジェクトとの向き合い方
18:30〜 RuboCop Headqurters 2018 なぜ E2E テストがたまに落ちるのか
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした