lctags(https://qiita.com/dwarfJP/items/982ef7ee3f3bfd435156) の
インタラクティブなコールグラフ機能実現のため、HTTPD として simple-httpd.el(https://github.com/skeeto/emacs-http-server) を利用しました。

simple-httpd.el についての日本語の情報があまり無かったため、ここにまとめておきます。

simple-httpd.el とは

その名の通り、 emacs を シンプルな HTTPD とするための emacs lisp パケージです。

これを利用することで、Web サービスを emacs で簡単に立ち上げられます。

HTTPD には多くの実装がありますが、これを利用する最大の利点は

「Web サービスと emacs との連携が容易に可能」

これに尽きるでしょう。

これに魅力を感じなければ、HTTPD として simple-httpd.el を採用する理由はほとんどないと言えます。

simple-httpd.el の特徴には他にもありますが、それは simple-httpd.el に特化したものではなく、他の HTTPD にもあるものですので、敢えて simple-httpd.el を選択することもないと思います。

私が lctags の HTTPD として simple-httpd.el を選択したのも、Web サービスと emacs との連携が容易に可能であることが一番です。

例えば、 lctags のコールグラフで関数ノードを右クリックするとその関数の定義場所を emacs で表示する、という機能が連携の例です。

この連携機能を simple-httpd.el を使わずに実現するには、次の処理が必要になります。

  • HTTPD は、受信したリクエストを解析する
  • HTTPD は、解析した情報から RPC 等で emacs に所定の関数の定義場所を開けと指示する
  • emacs は、指示された要求を処理し、関数定義場所を開く

simple-httpd.el を利用することで、上記処理の大部分を省けます。

simple-httpd.el の利用方法

基本的には次のステップで利用可能です。

これによって、8080 ポートで HTTPD が待ち受けます。

あとは PATH に対するサーブレット登録するだけです。

サーブレット登録

サーブレットの登録は (defservlet NAME MIME PATH-QUERY-REQUEST &rest BODY) で
行ないます。

例えば lctags では、次の登録をしています。

(defservlet lctags text/json (path query req)
  (lctags-servlet-gen "/lctags/gen/index.html" query req))

これは、

  • NAME パラメータとして lctags を指定。
    • これにより、HTTPD に http://xxxxxxx/lctags をリクエストすると処理されるサーブレットを登録できます。
  • MIME パラメータとして text/json を指定。
    • これはレスポンスに利用するデフォルトの Content-Type です。
    • あくまでデフォルトであり、後で別の Content-Type を指定出来ます。
  • PATH-QUERY-REQUEST パラメータとして (path query req) を指定。
    • path, query, req それぞれに、リクエストで指定された情報が格納されます。
    • query には URL の query が格納され、例えば lctags?hoge=1&foo=2 の場合(("hoge" "1")("foo" "2)) が格納されます。
    • req には、HTTP HEADER などの情報が格納されます。
      • (("Host" "192.168.0.1:8080")("User-Agent" "hogehoge"))
  • BODY パラメータとして、 (lctags-servlet-gen) を実行。

(defservlet) の BODY パラメータでは、次の処理を行ないます。

  • レスポンスするデータを current-buffer に (insert) する
  • レスポンスする Content-Type、HTTP ヘッダ、HTTP ステータスを設定する (httpd-send-header)

ちなみに、上記処理は必須ではありません。何も処理しなければ、なにも処理しないサーブレットになります。

Content-Type、HTTP ヘッダ、ステータスを設定しなければ、defservlet で指定した MIME の Content-Type で、ステータス 200 となります。

レスポンスは、(httpd-send-header) を実行したタイミングか、(httpd-send-header) を実行しない場合は BODY 実行後のタイミングです。よって、(httpd-send-header) を実行前に必ずレスポンスするデータを(insert) しておく必要があります。

このことからも分かるように、simple-httpd.el では Transfer-Encoding に対応していません。この辺りはあくまで simple ということなのでしょう。まぁ、問題ないと思いますが。

なお、httpd-send-header の引数は次の通りです。

(httpd-send-header proc mime status &rest header-keys)

その他の関数

(httpd-error PROC STATUS &optional INFO)

サーブレットの BODY 中に実行することで、指定した STATUS エラーをサーブレットのレスポンスとします。

(httpd-def-file-servlet NAME ROOT)

ローカルなファイルをそのままレスポンスするサーブレットが必要なことが良くあります。この関数は、そのサーブレットを登録するためのものです。

NAME は URL のパスで、 ROOT はローカルディレクトリのパスです。

この関数で登録した URL にアクセスすると、Apache の Options Indexes 指定したような動作になります。

(httpd-get-mime EXT)

指定した EXT の拡張子に対応する MIME を返す。

(httpd-date-string &optional DATE)

RFC 1123 の日付表記を返す。

まとめ

simple-httpd.el を利用することで、Web サービスと emacs との連携を容易に実現できます。

ただ、具体的にどのような Web サービスを提供すればより良いユースケースが実現出来るかが難しいところでもあります。

特に emacs は、 emacs で処理が閉じていることが善しとされることが多々あるので、simple-httpd.el を使うユースケースというのは少ないのかもしれません。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.