Edited at

MacでF#

More than 5 years have passed since last update.

Mac (10.9.1) に F# 開発環境を入れたという話。どうせなら 64bit でやりたかったので、Mono と F# をビルドするところから。基本的には、Use F# on Mac OSX | The F# Software Foundationの「Option 3: Install F# 3.0 (64-bit) from source」に従えばよい。


Mono のビルドとインストール

準備作業として、



  • autoconf automake libtool が入っていなかった。これらは Xcode インストール済でも、別途入れる必要がある。全部 brew が用意されているので、$ brew install autoconf とかで入れた。

あとは、ガイドに従う。※ 下記 --prefix=/usr/local は一例。

$ git clone https://github.com/mono/mono

$ cd mono
$ ./autogen.sh --prefix=/usr/local --enable-nls=no
$ make

ここまで進めると、残念ながら、以下の結果に。

...

make[6]: gmcs: No such file or directory
make[6]: *** [build/deps/basic-profile-check.exe] Error 1
*** The compiler 'gmcs' doesn't appear to be usable.
*** You need Mono version 2.4 or better installed to build MCS
*** Check mono README for information on how to bootstrap a Mono installation.
make[5]: *** [do-profile-check] Error 1
make[4]: *** [profile-do--basic--all] Error 2
make[3]: *** [profiles-do--all] Error 2
make[2]: *** [all-local] Error 2
make[1]: *** [all-recursive] Error 1
make: *** [all] Error 2

どうやら、gmcs らへんで怒られているいるらしい。そしたら make get-monolite-latest に書いてあって、monolite を入れるとよいらしいので、下記コマンドをたたく。なお、wget が必要なので、$ brew install wget で入れた。

$ make get-monolite-latest

気を取り直して、

$ make

$ sudo make install


ソースからF# をコンパイル

準備作業として、



  • pkg-config が入ってなかった。$ brew install pkgconfig で入れた。

あとはガイドに従えばよい。※ 下記 --prefix=/usr/local は一例。

$ git clone https://github.com/fsharp/fsharp

$ cd fsharp
$ ./autogen.sh --prefix=/usr/local
$ make
$ sudo make install


いざ起動

$ fsharpi

F# Interactive for F# 3.1 (Open Source Edition)
Freely distributed under the Apache 2.0 Open Source License

For help type #help;;

> 1+1;;
val it : int = 2
> List.map (fun x -> x+1) [1..5];;
val it : int list = [2; 3; 4; 5; 6]
> #quit;;

- Exit...

これでマカーのみなさんも、2014年 F# でエンジョイ!