Raspberry PiでLピカ

  • 4
    Like
  • 0
    Comment

Raspberry PiでLピカさせるための順序

準備するもの

  • Raspberry Pi2 Model B
  • microUSBケーブル
  • USBシリアル変換ケーブル
  • LED 1つ
  • ブレッドボード
  • ジャンパーワイヤー(オス-メス 2本)
  • 抵抗 330Ω

Raspberry PiのGPIOのピン配置

GPIO.jpg

今回使うのは32ピンのGPIO12と39ピンのGNDのみ


回路の作成

sakura_ブレッドボード.jpg


PCとRaspberry Piを接続

2014-10-05_08_36_25.jpg

上記の画像のようにシリアルUSBケーブルとRaspberry Piを接続する


シリアルUSBケーブル Raspberry Pi
黒 : GND 6番 : GND
白 : UART_RXD 8番 : UART_TXD
緑 : UART_TXD 10番 : UART_RXD
赤 : 電源 未接続

PCとRaspberry Piをお互い挿せたらターミナル画面で操作

$ sudo apt-get install screen
$ sudo screen /dev/ttyUSB0 115200
[sudo] password for name:[password]

---

Raspbian GNU/Linux 8 raspberrypi ttyAMA0

raspberrypi login: pi
Password: [password]

Last login: Thu Aug 25 13:18:26 JST 2016 on ttyAMA0
Linux raspberrypi 4.1.19-v7+ #858 SMP Tue Mar 15 15:56:00 GMT 2016 armv7l

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
pi@raspberrypi:~$


初期のRaspberry Piは

  • ID pi
  • password raspberry

出来るだけ最初に変更する

/dev/ttyUSBの数字を確認するにはls -l /dev/ttyUSB*を使用すれば現在使用してるUSBが出力されるので必要に応じてコマンドの変更をする


Lピカのためのプログラム

  • 点灯させる場合
/home/pi/lpika.py
1 import RPi.GPIO as GPIO   # pythonで使用するGPIOのライブラリのインポート
2
3 GPIO.setmode(GPIO.BCM)    # ピンをGPIOで指定する宣言
4 GPIO.setup(12, GPIO.OUT)    # 出力するピンをGPIO12に指定
5
6 GPIO.output(12, GPIO.HIGH)   # GPIO12の出力を上げる(LEDを点灯させる場合)


  • 消灯させる場合
/home/pi/lpika.py
1 import RPi.GPIO as GPIO   # pythonで使用するGPIOのライブラリのインポート
2
3 GPIO.setmode(GPIO.BCM)    # ピンをGPIOで指定する宣言
4 GPIO.setup(12, GPIO.OUT)    # 出力するピンをGPIO12に指定
5 
6 GPIO.output(12, GPIO.LOW)    # GPIO12の出力を下げる(LEDを消灯させる場合)


出力するピンを指定する方法がGPIOとピン番号の2通りがある
GPIOで指定する場合
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
ピン番号で指定する場合
GPIO.setmode(GPIO.BOARD)

  • 点灯 → ピンの出力を上げる(HIGH)
  • 消灯 → ピンの出力を下げる(LOW)

実行

$ sudo python lpika.py