AWS
IoT
IIJ
データローカライゼーション

グローバル展開する上で知っておくこと「データローカライゼーション」入門編1


データローカライゼーションってなんぞ?

例)日本でIoTするよ。東京にIoT(温湿度)を設置してAWS上でデータ見るよ。データを見る人は日本国内の人です。

この場合のデータの流れは

東京のとある場所に置いた温湿度⇒基地局⇒東京リージョンAWS⇒RDS(DB)⇒WEBサーバ

ここまでOKですよね

例)中国でIoTするよ。上海にIoT(温湿度)を設置してAWS上でデータ見るよ。データを見る人は日本国内の人です。

この場合のデータの流れは

上海のとある場所に置いた温湿度⇒基地局⇒東京リージョンAWS⇒RDS(DB)⇒WEBサーバ

これはできない。

上記を実装したければ

上海のとある場所に置いた温湿度⇒基地局⇒中国リージョンAWS⇒RDS(DB)⇒中国のAWSと東京AWSを連携。ピアリング接続できないのでAPI連携する⇒データ同期⇒RDS(DB)⇒WEBサーバ

別パターンとして

上海に置いた温湿度→上海の社内オンプレサーバ→ダイレクトコネクトでAWS東京つなげてデータ同期も有りです。

※中国で収集したデータは中国で保管すること。中国で保管せずに日本に持ち込むと罰則対象!

しかも!!

データ同期する際は個人情報以外のデータだけを同期すること!

すなわち温湿度データはOKだけど

顧客名や住所などはNG

データローカライゼーションは、

中国に習えの流れがありASEANを始め全世界に浸透しつつあります。

グローバルを攻めるならデータローカライゼーションのお話は切っても切れない案件なんです。