Macでrubyインストールが、なぜかうまくいかない君に届け(zshrc対応)【初心者用】

More than 1 year has passed since last update.

そもそもプログラミングってよくわからない。

なぜコマンドラインでやらなければいけないのか、お願いだからマウスで完結させてくれ。

そんなパソコン素人の私が、会社でrubyが必要になり、
コマンドから入れようとしたらめちゃくちゃ手間取った話をしようと思います。

※ruby2.3.1をmacに入れる話です。
※すでにいろいろ試したのにうまくいかなかった人向けです。

まずrubyをインストールするっていう話は、アホみたいに検索で出てくるのですが、
なぜか途中で引っかかるんですよね。なぜかうまくいかない。

そこを説明するが今回の趣旨なので、そのつまづくポイントまでは早足でいきますよ。

まずは

①すぐにできる!Rubyのインストール方法【Mac編】

http://media.tech-salon.com/ruby-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB-mac/

このサイトでサクッとやっちゃってください。

Xcodeとか、Homebrewとかがチンプンカンプンの人は、
まず上のサイトでやれるところまでやっちゃってください。

基本的にはこのサイト通りにやってれば終わるはず。
上のサイトで完了した人はおめでとうございます。本当に良かったですね。
お祝いに飲みに行きましょう。

でも上のサイトでつまづいた人、いますよね。
そんな人は、とりあえず明日やっつけることにして、飲みに行きましょう。

・・・・というわけにもいかないと思うので、自分が引っかかった場所をシェアしますね!(それがこの記事の目的ですから)

自分が引っかかったのは、

brew doctor

って打った時に、本来なら

Your system is ready brew.

って出るはずのところが、

Warning: Python is installed at /Library/Frameworks/Python.framework

Homebrew only supports building against the System-provided Python or a
brewed Python. In particular, Pythons installed to /Library can interfere
with other software installs.

こんな感じでWarningが出たんですよね。。

どうやらお前んとこのpythonがあれしてあれやからあれやぞっていうことらしいです。(そうです、全然わかってないです)

詳しくはこちらを参考にしてみてください!

②MacPortsからHomeBrewに乗換え&Python開発環境構築

http://nwpct1.hatenablog.com/entry/2014/03/20/173740

とにかくPythonが悪さしてるらしいと。
自分はPython一回勉強しようとして入れたのですが、まあ今はruby入れるのが優先なので(なんせ会社で入れろって圧がかかってるから)
pythonを綺麗さっぱり消去してやることにします。

やったことだけまとめますと、

  1. アプリケーションフォルダにある Python2.7 (バージョンは個々で違うかも) をそのままゴミ箱へ。
  2. /Library/Frameworks/Python.framework をごっそり削除。
  3. /usr/local/bin にある /Library/Frameworks/Python.framework へのシンボリックリンクを削除。

こんな感じになります。以下実際やっていきます。

  1. アプリケーションフォルダにある Python2.7 (バージョンは個々で違うかも) をそのままゴミ箱へ。

これはもうそのまま、macのfinderからアプリケーションのところに行くと、
蛇のマークのpythonがあると思うので、そちらを削除しましょう。
(ちなみに自分は2.7だけじゃなく、3.x(バージョン忘れた)もあったので、両方削除しました。また使う時にインストールすればいいべ?)

2./Library/Frameworks/Python.framework をごっそり削除。

sudo rm -rf /Library/Frameworks/Python.framework

こいつで解決です。

3./usr/local/bin にある /Library/Frameworks/Python.framework へのシンボリックリンクを削除。

まずシンボリックリンクってやつを確認してみましょう。

ls -l /usr/local/bin | grep Python | awk '{print $9}'

こいつでずらっと出てきてくれます。(詳しくは上記サイトで)

よくわかんないけど、こいつらを消せばいいのね?

brew prune

こいつでドカンと消してやりましょう。
そうすると、

Pruned 50 symbolic links and 2 directories from /usr/local

こんな感じで消せましたよって出ました。
これは来たんじゃないか?ということで、恐る恐るbrew doctorを試します。

brew doctor

そしたら

Your system is ready to brew.

って出ました。。。。

キターーーーーーーーーーーーーー

キモチー!勝ったー!打ち上げだー!飲むぞー!!

ってなったのですが、、、

この後思わぬ落とし穴にはまります。。。

とりあえず以下の記事に戻って、、

①すぐにできる!Rubyのインストール方法【Mac編】

http://media.tech-salon.com/ruby-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB-mac/

手順通り進めます。

おそらく大体の人はここで完了するはず!おめでとう!後で飲みに行きましょう!連絡しますね!

こっからは、それでもうまくいかない人たち用です、。。。


やっと記事通りにスラスラときて、そして一番最後、確認のための

ruby -v

をビシバシと打ち込み、Enterを「パーン!」と打ち込むと、

ruby 2.0.0p648 (2015-12-16 revision 53162) [universal.x86_64-darwin15]

って出ました。

『全部、、、、無駄だった、、、、だと、、?』

茫然自失、暴虐武人、臥薪嘗胆、僕らはいつも以心伝心

途方にくれる僕。でもここで諦めてはいけない。
僕らには、、グーグルがついてる!!!ということでグーグルさんに尋ねます。

「ruby 助けて グーグルさん 早く」

で検索!

・・・・冗談はさておき、この記事が私を救ってくれました。

③【シェル】bashをzshに変更する方法と、rubyをrbenvで環境構築した設定をzshにそのまま引き継ぐ方法

http://webmurmur.net/bash-vs-zsh/

そう!コマンドをbashではなく、zshで使っていたから、前に出てきたbash書き換えのところがうまくいってなかったわけです!

普通はここでつまずかないと思います。だってzshは自分で変更したはずだから、bashじゃないのはすぐ気付くはず。

でも私は、以前よくわからない引っかかり方をした時に、直してくれた友達に
「bashよりzshの方がいいよ」って言われたから、なんとなくzshにしていたんです。

やっぱりよくわかんないのに、いろいろ進めちゃうのはよくないね!
ちゃんと理解してからの方がいいね!(当たり前)

今回は本当に参考になりました。。

ということで、上記の記事通り

echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.zshrc

をやって、

source ~/.zshrc

をやってあげて、

exec $SHELL

をしてあげれば完成。。

詳細は上記記事を参考にどうぞ、、私はもうヘトヘトなので説明は無理です(あんまりわかってないし)

ということで、ついに

ruby -v

ruby 2.3.1p112 (2016-04-26 revision 54768) [x86_64-darwin15]

を出すことに成功しました。本当にありがとうございます。

【まとめ】

・rubyをmacに入れる時はみんな手こずるらしいけど、僕の手こずり方は異常。
・初心者はわからないものにむやみに手をつけてはいけない。
・できる人がいい記事をたくさん書いてくれているので、僕が記事を書く必要があるのか不明。
・備忘録and超初心者用としての需要があると信じる

現場からは以上です。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.