Edited at

Raspberry Pi 2でLチカ 個人的まとめ

More than 3 years have passed since last update.


Vimのコマンド

(C言語使用の場合はwiringPiのインストールが必須)

方法➀ GPIOピンを出力モードに初期化   $gpio -g mode ピン番号 out

  LED点灯   $gpio -g write ピン番号 1

LED消灯  $gpio -g write ピン番号 0

方法➁ Pythonで記述

1,おまじない #!/usr/bin/python

2,GPIOライブラリのインポート

import RPi.GPIO as GPIO

3,チャンネルの指定

GPIO.setmode(GPIO.BCM)

4,チャンネルのモード設定

GPIO.setup([GPIOピン番号, GPIO.OUT)

5,デジタル出力

GPIO.output([GPIOピン番号, GPIO.True/False)

    

GPIO入力

GPIO.input(GPIOピン番号)

方法➂ C言語で記述

1,wiringPiの初期化

if(wiringPiSetupGpio() == -1) return 1;

2,チャンネルのモード設定

pinMode(GPIOピン番号, OUTPUT/INPUT);

3,出力

digitalWrite(GPIOピン番号, 0/1);

その他は随時追加


ブレッドボード配線

・マイナス端子をラズパイのグランド端子に接続(グラウンド端子は8つしかないので、ブレッドボードのグラウンド線を使用) (画像は、ツール・ラボ第23回 https://tool-lab.com/make/raspberrypi-startup-23/ より)

bb-61.png

・プラス端子をラズパイの3.3V/5V端子に接続

・実体配線図(画像は ツール・ラボ 第17回 https://tool-lab.com/make/raspberrypi-startup-17/ より)

circuit-real.png

・ラズパイ2のGPIOピン配置(画像は、http://elinux.org/File:Pi-GPIO-header.png より)

Pi-GPIO-header.png