University of the Peopleに入ってみました

  • 2
    Like
  • 0
    Comment

University of the Peopleに入ってみました。

University to the Peopleの紹介

大学はものすごくコストがかかります。かと言って放送大学のようなペーパーベースの通信制は卒業率があんまり良くありません。通学制の大学は場所に縛られるし、場所に縛られるという意味では放送大学も微妙に場所に縛られます。サイバー大学のようなオンライン大学は卒業率は高いんですが、通信制にしては微妙に学費が高いのがネックです。そこで、オンライン大学で、かつ、学費が安い、世界の貧困層向けの大学、University of the Peopleを紹介させていただきます。
今回のレポートは、実際に入学した感想を書こうと思います。
University of the Peopleは、世界の貧困層をターゲットにしたと書いてありますが、先進国の人間でも入学できます。学士の4年間の学費は、4060ドルです。これは運営費に充てられます。イスラエルの起業家の人が作った大学のようですね。Microsoft ,HPなどの支援を得ているようです。MSがバックアップをしているので、使うOSはWindowsの方がいいかもですね。もしかしたら、MSのフレームワークを学ばされるかもしれません。
ビルゲイツは最近は慈善事業もやっているようです。その一環かもしれないですね。
ちなみに、UoPeopleで使われるワープロソフトはMS Wordか、Open Officeを使います。
入学式は行われません。世界各地に散らばっているから、当たり前ですね。
UoPeople内部では、UoPeopleについては、入学したばっかりですが、結構ベタ褒めの人が多いですね。僕もUoPeopleのシステムについてはいいなと思っています。

学科

プログラミングと企業経営があります。世界で今最も需要がある分野を教えているようです。

University of the Peopleの安い学費の秘密1

UoPeopleの安い学費の秘密の一つは、ピアレビューというものにあります。ピアレビューとは、レポートを提出して、それを生徒同士で評価し合うというものです。Courseraなどでも使われているやり方ですが、日本のサービスでこれを導入しているサービスは聞いたことないですね。
普通の大学では、教授や講師が採点して、その結果コストが上昇したり、評価がやっつけになったりするのですが、ピアレビューでは、生徒同士で評価するので、かなり詳細まで評価されます。レポートを提出したら、3人のレポートを評価する必要があります。評価した内容も評価されて、正しい評価をしないと自分の評価が落ちます。

UoPeopleの安い学費の秘密2

教材にブロードバンドが必要な動画を使っていないということもあります。貧困層でも授業が受けられるように、ナローバンドでも受けられるようにしています。教科書として使っているのは、寄付されたPDF資料などです。

Discussion Forum

Discussion Forumでは、活発な議論が交わされています。議論の内容も十段階評価でお互いに評価する仕組みになっています。結構先進国の人間も多いのですが、パキスタンとかシリアの難民の方もおられますね。
アジア人とか、米国人とかも多いです。

日本においてのコミュニティ

UoPeopleでは、現在のところ、日本においてコミュニティはないですね。それはCourseraなどの欧米系のMOOCでも共通するところです。なので、卒業生ネットワークとかを期待する場合には結構きついかもしれないですね。
私はサイバー大学を出ているんですが、サイバー大学においては日本においてコミュニティが存在しましたね。日本の大学ですからね。

試験監督人が必要

試験を受ける際には、試験監督人が必要です。それは、親族であってはならず、お金を渡してはいけません。なので、世間から完全に縁が切れている人はできないということですね。信頼できる人である必要があって、職場の上司とかが推奨されるようです。

その後どうしたか

僕自身は、学士はもうサイバー大学で取っているし、他にやりたいこともあったので、中退しちゃいました。(てへっ)でも、学士が欲しいとか大学でプログラミングを学びたいとか思っている方はいいオプションかもしれません。
ただ、UoPが、日本において大学と認められるかはわかりません。MicrosoftとHPが支援しているので、大丈夫だとは思いますが、一応。
正直な話、少なくとも僕は、こういう「変わった」大学を出ている人は、卒業したらどこかで雇ってもらえると思いますね。
サイバー大学もそういうところがあって、新しい物好き、新しい教育システムに興味がある人が来るところがあります。
ちなみに、UoPはかなり高度な英語力が要求されます。そこらへんは覚悟が必要ですね。
ではまた