1.前提

  • Laravelをインストールしている
  • Bitcoinを起動している

2.環境

  • 使用OS
    • Ubuntu v16.04.4
  • 使用言語
    • Bitcoin v0.16
    • PHP v7.2.4
      • Laravel v5.5.40

3.ライブラリのダウンロード

PHPからBitcoinへRPC接続を行うため、今回はEasyBitcoin-PHPというライブラリを使用していきます。
https://github.com/aceat64/EasyBitcoin-PHP

Laravelのディレクトリから以下のコマンドを叩いていきます。

lib-download
# こちらは環境に合わせて変更してください
$ cd <laravel project>

# Libs ディレクトリ作成
$ mkdir app/Libs

# easybitcoin.php のダウンロード
$ wget -O app/Libs/Bitcoin.php https://raw.githubusercontent.com/aceat64/EasyBitcoin-PHP/master/easybitcoin.php
$ vim app/Libs/Bitcoin.php
# namespace を記載
# namespace App¥Libs;

これでライブラリが使えるようになったので、続いて実装へ移っていきます。

4.PHP LaravelからBitcoinへのRPC接続

Bitcoinがregtestモードで起動している前提で進めていきます。

.env
### 上記省略 ###
BITCOIN_RPC_USERNAME=user
BITCOIN_RPC_PASSWORD=password
BITCOIN_RPC_HOST=localhost
# regtest default port
BITCOIN_RPC_PORT=18443
config/bitcoin.php
<?php

return [
    'bitcoin_rpc_username' => env('BITCOIN_RPC_USERNAME', 'user'),
    'bitcoin_rpc_password' => env('BITCOIN_RPC_PASSWORD', 'password'),
    'bitcoin_rpc_host' => env('BITCOIN_RPC_HOST', 'localhost'),
    # mainnet default port
    'bitcoin_rpc_port' => env('BITCOIN_RPC_PORT', '8956'),
];
routes/web.php
<?php

Route::get('/', 'IndexController@index');
app/Http/Controllers/IndexController.php
<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

use Config;

# 先ほどダウンロードしたライブラリをuseする
use App\Libs\Bitcoin;

class IndexController extends Controller
{
    public function index()
    {
        $bitcoin = new Bitcoin(
            # rpc username
            Config::get('bitcoin.rpc_username'),
            # rpc password
            Config::get('bitcoin.rpc_password'),
            # host
            Config::get('bitcoin.rpc_host'),
            # regtest port
            Config::get('bitcoin.rpc_port')
        );

        # getbalance() で残高を取得する
        print_r($bitcoin->getbalance());
    }
}

これでPHP側からBitcoinのRPCコマンドを叩くことができるようになりました。
あとはbitcoin-cliから叩くのと同じような形で使っていけばOKです。

よく使うコマンドについては別記事にまとめてありますので、こちらを見ながら色々なコマンドもお試しください!
bitcoin-cli でよく使うコマンドまとめ(ver 0.16.0)

sample.php
<?php
# listaccounts() でアカウントごとの残高を取得する
print_r($bitcoin->listaccounts());

# getaccountaddress() で引数のアカウントが持つビットコインアドレスを1つ取得する
print_r($bitcoin->getaccountaddress('アカウント名'));

# getaddressesbyaccount() で引数のアカウントが持つビットコインアドレスを全て取得する
print_r($bitcoin->getaddressesbyaccount('アカウント名'));

# getblock() で引数のブロックハッシュ値のブロックの中身を取得する
print_r($bitcoin->getblock('ブロックのハッシュ値'));

# gettransaction() で引数のトランザクションIDのトランザクションの中身を取得する
print_r($bitcoin->gettransaction('トランザクションID'));

# sendfrom() でコインを送金し、発行されたトランザクションIDを取得する
print_r($bitcoin->sendfrom('送金元アカウント名', '送金先アドレス', '送金額'));

5.参考文献

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.