Help us understand the problem. What is going on with this article?

Linux コマンド 備忘録

はじめに

Linaxコマンドで自分用のメモとして残していきたいと思います。
新しい知識が入り次第更新します。

ディレクトリを作成する

$ mkdir ディレクトリ名

$ mkdir app/views/shared

ディレクトリを削除する

ディレクトリを削除の対象とする場合は、-rオプションを指定する必要があります。

$ rm -r ディレクトリ名

ちなみに強制削除するにはfオプションを追加します。

$ rm -rf ディレクトリ名

空の新規ファイルを作成する

$ touch ファイル名 

$ touch app/views/layouts/about.html.erb

ファイルを開く

$ open ファイル名

ファイルの名前を変更する

$ mv -f 変更したいファイル名 新しいファイル名

例えば、test.rbというファイルをhoge.rbというファイル名に変更したい時は

$ mv -f test.rb hoge.rb

ファイルの移動をする

上記と同じmvコマンドを使っているので注意が必要です。

$ mv -f 移動したいファイル 移動する場所

例えば、test.rbというファイルをDesktopに移動したい時は、

$ mv -f test.rb ~/desktop

ファイルを削除する

$ rm ファイル名

ファイルの中身を閲覧する

例えば、.sshの中にあるconfigファイルの中身を見たいときは、

$ less ~/.ssh/config

閲覧したあとは、qを押せば終了できます。

ファイルの末尾を表示する

$ tail -n 行数 ファイル名

例えば、test.logというファイルの末尾1000行だけ表示させたいとき、

$ tail -n 1000 test.log

所有者権限がrootであるものを変更する

まずファイルの権限を確認する

$ ls -l ファイル名
-rw-r--r--  1 root  staff  74  8 19 17:23 ファイル名

ユーザー所有権を変更

$ sudo chown daijiro ファイル名
-rw-r--r--  1 daijiro  staff  74  8 19 17:23 ファイル名

システム上で動いているすべてのプロセスの確認

$ ps aux

行数、単語数、バイト数を表示

$ wc テキストファイル名

例)

$ wc */*.md

参考

ファイル・ディレクトリを削除するrmコマンドについて詳しく!【Linuxコマンド集】
chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away