Git

Git周り コマンド 備忘録

はじめに

Gitのコマンドの自分用のメモとして、こちらに残しておきます。

コマンド

ローカルブランチの一覧を見る

$ git branch
dev
hoge
master
test

作業ブランチを変更する

$ git checkout ブランチ名

ブランチを作成して、作成したブランチにチェックアウトする

$ git checkout -b ブランチ名

-bオプションは新しいブランチを作成し、チェックアウトする。

不要になったブランチを削除する

$ git branch --delete ブランチ名
# もしくは
$ git branch -D ブランチ名

変更を一時的に退避する

作業の途中で別の修正を優先したいときに、別のブランチに切り替えて作業をする必要がでてくる。そんな時に変更を一時的に退避しておくことのできる機能。

$ git stash

全体の変更を確認する

$ git status

変更点の状態を見る。
addしてるのかaddしてないのかなどの確認ができる。

新規作成されたファイルまたは、変更があったファイルをインデックスに追加する

$ git add .

空のコミットをする

$ git commit --allow-empty -m "empty commit"

コミットのログを調べる

$ git log

コミットを取り消すコミットを作る

$ git revert 取り消したいコミットID

戻りたいコミットに戻る

$ git reset --hard 戻りたいコミットID

現在いるブランチをpushする

$ git push origin HEAD

リモートブランチの一覧を表示する

$ git branch -r

リモートにあるブランチにcheckoutする(そのリモートブランチはローカルにない)

$ git checkout origin:リモートブランチ名

リモートにあるブランチをpullする(そのリモートブランチはローカルにない場合)

$ git pull リモートブランチ名:ローカルブランチ名

例えば、リモートにある modal というブランチをローカルにpullしたい場合

$ git pull modal:modal

ssh

ssh秘密鍵のパスフレーズを解除する

$ ssh-keygen -p -f 秘密鍵のファイル名

$ ssh-keygen -p -f ~/.ssh/id_rsa

heroku

リモートリポジトリのherokuを登録する

複数のPCからherokuにpushしたいとき、heroku create していないPCにherokuのリポジトリを登録するには下記のコマンド打つといい。

$ heroku git:remote --app アプリ名

参考

Gitブランチ関連コマンド
Git で不要になったローカルブランチ・リモートブランチを削除する方法
変更を一時的に退避!キメろgit stash
Gitの最初のコミットは空コミットにしよう
リモートにプッシュしたコミットを取り消す
gitでのヤバイ!を取り消す方法
ssh秘密鍵のパスフレーズを解除