1. da1ssk

    No comment

    da1ssk
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,38 +1,38 @@
## Xcode 9 + Xcode Server
Xcode 9でのCI (Continuous Integration) がかなりこなれてきたということで、試しにローカルでBotを立ててみました。
従来別途macOS Serverアプリ(OS X Serverとも呼ばれてた?)が必要だったXcode Serverが、Xcode 9に統合されてるのがよいですね。
設定方法は他の方がすでに記事を書いておられますので、参考にしましょう。
- [XCode9のBotを使ってみる](https://qiita.com/eKushida/items/2923e8badd0fa4efbf5e)
- [[iOS 11] Xcode 9で“だいぶまとも”に!新機能をまとめてみた](https://dev.classmethod.jp/smartphone/iphone/xcode-9-new-features/#toc-xcodexcode-server)
- [Xcode9 + Xcode Server = Comprehensive iOS Continuous Integration](https://medium.com/xcblog/xcode9-xcode-server-comprehensive-ios-continuous-integration-3613a7973b48)
## Bot上でpod installを実行
-で、今回困ったのはCocoapodsをコマンドラインで実行するところでした。
-というのも、今回対象のリポジトリにはCocoapodsでインストールされるファイルを入れないという方針だったので、リポジトリからcloneした後は必ず pod install を実行してやる必要があったのです。
+で、今回困ったのはCocoaPodsをコマンドラインで実行するところでした。
+というのも、今回対象のリポジトリにはCocoaPodsでインストールされるファイルを入れないという方針だったので、リポジトリからcloneした後は必ず pod install を実行してやる必要があったのです。
色々試した挙句、結局以下のようなBotの設定で pod install をビルド前に実行することができました。
1. ⌘9 でReport Navigatorを表示し、Botを選択(マシン名の下に隠れているかも)
2. 右上の Edit Bot... ボタンを押す
3. Triggers タブを選択
4. 左下の+ボタンを押し「Pre-Integration Script」を選択
5. 適当に名前をつけて、右側のエディタ部分に以下を入力
```.sh
#!/bin/sh
cd "${XCS_PRIMARY_REPO_DIR}" // リポジトリのディレクトリに移動
if [ ! -e Pods ] ; then // Podsディレクトリが存在しなければ
/usr/local/bin/pod install // pod installを実行。フルパスじゃないとダメっぽい。
fi
```
参考記事: [Pod Install in XCode Bots Trigger](https://stackoverflow.com/questions/39521369/pod-install-in-xcode-bots-trigger)
6. Done を押して完了
---
以上、何かしらの助けになれば幸いです!