Help us understand the problem. What is going on with this article?

全メソッドの先頭にログを埋めこむスクリプト

More than 3 years have passed since last update.

Git hubでダウンロード
logTrace

シェル概要
数万ステップの巨大なアプリを仕事でメンテナンス中です。

どんなメソッドがどんなタイミングで呼び出されたのか
もっと可視化したいと思い作ってみました。

プロジェクトにある全メソッドの先頭に、ログを埋め込みます。
ファイル名とクラス名が分かります。

1 -(void)sampleMethod {
2    label.text = @"hoge";
3 }

本シェル実施 ↓

1 -(void)sampleMethod {
2    NSLog(@"DEBUG : %s:%d", __PRETTY_FUNCTION__,__LINE__);
3    label.text = @"hoge";
4 }

実行で...

DEBUG: -[sampleClass sampleMethod:]:2

というログを吐き出します(クラス名、メソッド名と行数)
プロジェクトに含まれる全〜.mが対象です。

ただ、プロジェクトの規模が大きくなると「バカか」ぐらいのログが出ます。
重要なログが埋もれてしまう、実行速度にも影響します
ので、

1 -(void)sampleMethod {
2    #ifdef METHOD_TRACE_LOG
3       NSLog(@"DEBUG: %s:%d", __PRETTY_FUNCTION__,__LINE__);
4    #endif
5    label.text = @"hoge";
6 }

マクロで無効化できるモードもあります。
たとえば.pchファイルに

 #define METHOD_TRACE_LOG

を追加すれば、プロジェクトファイル全体でログ有効、
消せばログ出力も終わります。
(Xcode6以降の場合、pchファイルは自動追加されないので手動で追加する必要あり)

もしくはBuild Settingの「preprocessor macros」に
DebugだけMETHOD_TRACE_LOGを定義してください。
(Debug時にログ有効、Release時にログが無効化)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした